カテゴリ:飯@中野( 551 )

海賊船@中野

c0016177_1757419.jpg

c0016177_17575320.jpg

c0016177_1758440.jpg

c0016177_1758174.jpg

 海賊船で黒糖焼酎。お通しのグリーンカレーが美味しい。
by atsushisaito | 2016-09-06 12:57 | 飯@中野 | Comments(0)

五丁目煮干し@中野

c0016177_14125034.jpg

 中野の新店のラーメン屋、といっても僕の中では新店であるだけで、もう開店してから1年半くらい経っているそう。中野で飲む機会はそこそこあるけれど、ラーメンを食べる機会がめっきり減ってしまったので、全然お店を追えていない。
 お店に入って券売機の前でつけ麺かラーメンで悩んだ。暑いのでここはつけ麺かと思ったのだが、麺の湯で時間が8分くらいかかるということで、ラーメンにした。ラーメン味玉つき。それにメンマを追加。煮干しスープだとは店名からわかるので、どれくらいの煮干しなのだろう、と期待が膨らんだ。
 登場したラーメンは見た目からして煮干しが濃厚なのがわかる。一口スープを飲んでみると、煮干しで出汁をとってるんじゃなくて、煮干しをスープに溶かし込んだというか、煮干しの絞り汁といったハードコアな煮干しスープだった。これだけエクストリームな振り幅があるスープだと、さすがに好き嫌いが大きくわかれてしまうが、僕は嫌いではない。
 ざっくりとした味わいの麺とのマッチングもよく、こういうのもラーメンの進化の形の一つなのかなあ、と思いつつ、メンマと玉子を喰らってごちそうさま。
by atsushisaito | 2016-08-18 14:24 | 飯@中野 | Comments(0)

福しん@新井薬師

c0016177_1330451.jpg

 写真集の梱包作業でうちに詰めていると、こういうジャンクなものが食べたくなってどか食い。生姜焼き定食に100円追加でおともラーメン。
by atsushisaito | 2016-08-17 13:33 | 飯@中野 | Comments(0)

瑠璃@中野

c0016177_23174379.jpg

c0016177_2317535.jpg

 早稲田通りのアイロード入口側にあるバー。中野のバーとしてはかなり古いほうの部類に入り、老舗の雰囲気が漂う。ただし、オーセンティックかというともう少しカジュアルな空気なのは、中野という土地柄のせいか。
 この日は、ジントニック。っていっても、たいていのバーでは一杯目からジントニック。シンプルな飲み物なので、どこで飲んでも大きく味が変わるわけではないのだけど、グラス一つ違ってくるとそれだけで印象も変わってくるので、面白い。ここのは薄いグラス。個人的には薄いグラスの方が好き。
 二杯目はウイスキーを。全然銘柄も知らないし、特別好みがあるわけでもないけど、おまかせでって注文するのもなんかあれなので、いつも「スモーキーなのを」という注文の仕方。その注文の仕方が合っているのか間違っているのかすらわからないけれど、まあこれではこれで、お店によって出てくる銘柄がいろいろなので面白い。
 ちなみにチャームは出てこない。なんかメニューを見てると食べ物も旨そうなので、今度食べてみようかと。 
 
 
by atsushisaito | 2016-08-04 12:17 | 飯@中野 | Comments(0)

999@中野

c0016177_2321670.jpg

c0016177_2322825.jpg

c0016177_2323529.jpg

 中野ビール工房がある路地にあるお店。タイの屋台っぽさが売りだとかで、確かにそんな感じ。なぜか女性の客が多くて、この日は8割くらいが女性だった。というのも、店のもう一つの売りがパクチーの盛りの良さらしく、近頃はそのパクチーを求めて客がやってくるらしい。昔からタイ料理は女うけが良かったと思うが、ここにきてもう一段過熱している感じがする。
 で、僕はパクチーはバンコクとかで仕方なく食べる分にはなんとか食べられるのだけど、特に積極的には食べたくない人なので、見えるパクチーは除ける。ちょっとくらいが口に入るくらいでちょうどいい。お店の料理は、なんかまあ屋台だし、これくらい雑な感じがちょうどいいよね、という感じ。
 ホールの担当の人が忘れっぽい人で、タイガービールお願いします、というとタイガーですね、と復唱しつつ、そのまま忘れてしまって他のことをやりだしたり、領収書お願いします、領収書ですね!とまた復唱したのに、お釣りだけもって戻ってくるという、なんというかう~ん、、、、。で、あくまで屋台風な雰囲気のお店だけど、お値段は普通のタイレストランと同じくらいの価格で安いわけではないので、お会計で、そんなにするんだ、、、と思ってしまった。ビールが高いのかなあ。。。。
by atsushisaito | 2016-08-02 12:00 | 飯@中野 | Comments(1)

麺や つとむ@中野

c0016177_2222017.jpg

 中野から北上して早稲田通りを越えて少し進んだところの右手にあるラーメン屋さん。何年か前に一度行ったことがあるけど、いわゆる魚介動物系のダブルスープという、スタンダードな味わいだった記憶がある。それ系ならすぐ近くに麺彩房があるので、わざわざここに行くという理由もなく、でもこの日はちょっと行ってみよう、という気になった。
 ランチタイムが終わるぎりぎりだったみたで、ちょっと気まずいなと思いつつ、つけ麺の中盛りをお願いした。ランチタイムサービスでいくつか選択肢があったので、味玉子をお願いした。前払いというあまり慣れないスタイルなので、ちょっと焦る。
 で、食べた感想はというと、普通に美味しいというか、この組み立てでまあ外しはしないのだろうなあ、という味わい。どっちかというと魚の方に針が倒れているかなというか。面白いのは卓上にすだちの汁があって、それをかけると、独特のさっぱり感がでて普通に酢をいれるより、いい感じ。ただし量の加減を間違えると、味のバランスが壊れてしまうので、少量がいいかと。
 入店した時間がまずかったのか、店主のテンションが低くて、う~ん、という印象。。。 
by atsushisaito | 2016-07-31 12:02 | 飯@中野 | Comments(0)

中野飲み

c0016177_0103963.jpg

c0016177_0105445.jpg

c0016177_011142.jpg

c0016177_0113039.jpg

c0016177_0114494.jpg

 海賊船で黒糖焼酎をやってからの

c0016177_012289.jpg

c0016177_0121848.jpg

 石松

 
by atsushisaito | 2016-06-27 12:08 | 飯@中野 | Comments(0)

上海麺館@中野

c0016177_21414553.jpg

 麺彩房が関わっているので、つけ麺は豚、鳥のどちらも美味しい。今度はラーメンいってみよ。お昼のピーク以外は空いているので嬉しい。店にとっては嬉しくないかもだけど。
by atsushisaito | 2016-06-25 12:39 | 飯@中野 | Comments(0)

泪橋@中野

c0016177_22471661.jpg

c0016177_22473863.jpg

 もつ焼きと宮崎料理のハイブリッドの人気店。お店が小さいので混んでることが多くて、なかなかふらっと入ることができないのだが、この時はタイミングがよくて一番乗り。もつ焼き5本とビールのお疲れさまセット。ビールの後には焼酎、そして鳥のレバ刺し。
 もう少しコンスタントに行きたい、美味しいお店。
by atsushisaito | 2016-05-30 12:44 | 飯@中野 | Comments(0)

高揚@東中野

c0016177_21372264.jpg

 その昔、中野に高揚ってお店があって島耕作の弘兼憲史のグルメ漫画にも掲載されていたお店で、でもラーメンが千円オーバーという当時では敷居が高すぎて行けないお店だったんだけど、結局行けないまま閉店してしまった。その血を受け継ぐお店があると知っていたが、それもなかなか行けなくて、ようやく先日に初訪問。
 つけ麺を注文。いかにも自家製という感じの麺。びろびろ感が強く加水率高めな麺だが、茹で方は柔らかめなので、腰はなし。ちょいと辛味が足された汁で食べる。このオールドスクール的な汁で食べるつけ麺も悪くはないのだが、もひとつパンチが欲しいな、と思った。
 ランチじゃなくて、夜の方が楽しめる予感がした。
by atsushisaito | 2016-05-24 12:36 | 飯@中野 | Comments(1)