カテゴリ:飯@中野( 558 )

海賊船@中野

c0016177_20385578.jpg
c0016177_20394125.jpg
c0016177_20394985.jpg
c0016177_20395930.jpg
c0016177_20400896.jpg
c0016177_20401788.jpg
海賊船で芋焼酎をたっぷりと。安くて美味しい塩豚ともやしの炒め物で。


c0016177_20403202.jpg
c0016177_20404178.jpg
c0016177_20405066.jpg
その後に石松でモツ焼き。いつもの中野での日常。


by atsushisaito | 2017-02-12 12:37 | 飯@中野 | Comments(0)

たき川@中野新橋

c0016177_21421596.jpg

c0016177_21422892.jpg

c0016177_21424179.jpg

 付き合いのある印刷所の東京支店があるのでたまに訪れる中野新橋。そしてそこに向かう途中になんだか旨そうだなあと思っていた大衆割烹たき川に入ってみた。外観は寂れた居酒屋。中に入ると4、5席のカウンターと小上がりの小さなお店。しかし黒板のメニューがとても良くて、この後の展開に期待できる。
 まずは瓶ビールで喉を潤しつつ注文するメニューを吟味する。どれも良さそうだけど、胃袋のキャパシティを考えるとあれこれと注文はできない。で、注文したのはイワシのつみれ鍋と芝海老とホタテの春巻き。
 お通しを突きつつ注文したものを待ったが、結構時間がかかった。で、登場した一人鍋がこれ。時間がかかったのは多分イワシをつみれにするところから始まっていたのではないかと思う。イワシの旨味が凝縮されたツミレというか、むしろ主役は素材の旨みが滲み出た鍋の汁。ツミレはもちろん美味いのだけど、この出汁がなんともたまらない。鍋が出てくる前に頼んだハイサワーが合わないことw
 急いでそれを飲み干し日本酒に。出汁と日本酒のコラボレーションはなんとも素晴らしく、するすると体に入っていく。そして春巻き。こちらは塩が添えられているが、もう素材の旨みだけで十分においしい。入店からお会計まで他に客は入って来なかったが、このレベルのお店が身近にあるって凄いことだと思う。意外と中野にこういう店って少ないから、中野新橋が少しだけ羨ましくなったり(でもあんまりお店の数はないね、、)。
 
by atsushisaito | 2017-02-06 12:41 | 飯@中野 | Comments(0)

上海麺館@中野

c0016177_21361558.jpg

 エビの旨味と辛さが加わった旨辛つけ麺。辛さは日和って一番少ないのに。麺も普通盛り。麺彩房を展開する製麺所の大成食品が経営しているので、麺の旨さとスープの良さは保証済みの安定の美味しさ。だけど、あまりエビって感じはしないかなあ。辛さもマックスくらいがちょうどいいのかも。
by atsushisaito | 2017-02-02 12:35 | 飯@中野 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_21561146.jpg

c0016177_21562980.jpg

c0016177_21564638.jpg

c0016177_21565870.jpg

 海賊船で黒糖焼酎。お通しの練り物の下には大根が隠れていた。塩豚ともやし炒めを注文。450円。素材は安価でも仕込みの手間で美味な料理へと変わる。中華なべで強火で煽られたもやしのシャキシャキ感は家庭で出せない味。難は店主一人なので、鍋を煽っている時はお酒の注文ができなることくらいかな。
by atsushisaito | 2017-01-27 12:55 | 飯@中野 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_2145298.jpg

c0016177_21444585.jpg

c0016177_21451895.jpg

c0016177_21453420.jpg

 久々に海賊船で黒糖焼酎。お通しがしっかりしすぎて、これで満足してしまって申し訳ない。おまけにモツ煮までサービスしてもらった。今年もお世話になります。中野で黒糖焼酎に泡盛ならこちら一択。
by atsushisaito | 2017-01-23 12:44 | 飯@中野 | Comments(0)

ある日の中野飲み

c0016177_2382491.jpg

c0016177_2383890.jpg

c0016177_2385198.jpg

c0016177_239418.jpg

おかやんでおでんと刺身と日本酒
c0016177_239234.jpg

中野ビール工房でビール
c0016177_2395548.jpg

大雅でレバ焼きなど
by atsushisaito | 2017-01-12 12:07 | 飯@中野 | Comments(0)

鶏音@中野

c0016177_2330941.jpg

c0016177_23302310.jpg

c0016177_23303939.jpg

c0016177_23305475.jpg

c0016177_23311531.jpg
c0016177_23313150.jpg
c0016177_23314287.jpg

 中野と新井薬師との中間的な場所で、以前から和食のお店があったなと思っていたけど、そこが焼き鳥屋さんになっていたのを知ったのは数年前。実に微妙な距離に位置する立地なので、ようやく行けた。通りがかる人がチラっと目にするくらいの気になる外観なので、意外と集客があるんだろうな。満席に近かった。
 中野プライスからするとちょっとお高い価格帯の焼き鳥。実際には串の大きさからすると、特別高いわけではないな、と思った。お酒の価格もわりと安め。
 5本セットでいろいろ頼んでみた。最初の串が出てくるまでが遅すぎて、注文が通ってるのかどうかと思うくらいに不思議な間だった(焼き台の前にいたので、早くのせろよ!って思った)。最初の串の前に、かなり待ってからのアボカド玉子のサラダ。それから串が来たわけだけど、ちょっと塩が強すぎ。そんなにふらなくても美味しい肉だけどなあ、と残念に思うほど。
 刺しは砂肝、心臓まで出してもらえるし、総じて悪くないとは思う。
by atsushisaito | 2017-01-04 12:24 | 飯@中野 | Comments(0)

元祖寿司@中野

c0016177_025211.jpg

 かなり昼間に中野で回転寿し率は高くて、そして回転レーンにたくさん回ってるここは好きだったり。だって人と話したくなくて回ってるお店にいるのに、注文の度にお願いするのが面倒くさくて。ただこの日は外れか、レーンに回ってるのがずっと置きっぱなしのばかりでさすがに注文するよな、という代物。
 何皿か巻物を食べたが、となりの回転寿しのプロっぽい注文をするおじさんに鼻で笑われているような気がして落ち着かなかった。ミョウバンなしのウニは注文してみたけど、あんまり美味しくなかった。
 この回転寿しの注文しないと負けみたいな風潮、苦手。レーンに回ってるのを取りたいんだよなあ。
by atsushisaito | 2016-12-18 12:22 | 飯@中野 | Comments(0)

菜華@中野

c0016177_23401360.jpg

 菜華でつけ麺。調子にのってランチサービス100円の焼豚ご飯まで。このご飯、食べる前にバーナーで炙ってくれるという手の込んだ仕様で、美味い。もともとここの焼豚は美味しくてその作業を見てるだけで嬉しくなってしまう。
 つけ麺は大人しい味わいなんだけど、逆にこの手のものって貴重になりつつあって安心する。というか美味しい。麺が沈まないようなドロドロ汁はもう食べられる年じゃない、、、残念ながら。たまには美味しいんだけど。
by atsushisaito | 2016-12-14 12:39 | 飯@中野 | Comments(0)

大雅@中野

c0016177_21583164.jpg

c0016177_21593544.jpg
c0016177_2202073.jpg

c0016177_2212146.jpg

 肉が食べたくなって大雅へ。お通しのお刺身をつつきつつビール。焼きものも美味いけれど、目の前のショーケースに控えめに並ぶお魚も美味しそうなんだなあ。悩ましいところだけど、レバのちょい焼とハラミのたたきを注文。オーダーが入ってから切り分けて串に刺す店に不味いところなんかないよなあ。
 さっと炙られたレバの甘いこと。ゴマ油を用意してもらったけどふられた塩だけで十分に美味い。ハラミはいわずもがな肉の旨みがみちっとしてる。いつだったか暑い時期に煮込みを注文したら、寒い時期しかやってないっていわれたのを思い出して、煮込みを注文。まだ早いかなあと思ったけれど、大丈夫だった。
 チューハイをいただき、脛肉の煮込み。自家製ならではの大ぶりなカットの肉がほろっと口の中でとけて美味い。塩ベースの味付けがとても合っている。他にもかすべの煮つけや銀鮭など見るからに美味そうな姿でショーケースに並んでいる肴たちを惜しみつつお会計。
by atsushisaito | 2016-11-06 12:57 | 飯@中野 | Comments(0)