カテゴリ:飯@中野( 553 )

はし本@中野

c0016177_22024581.jpg
 中野通り沿いのつとむの跡に入ったラーメン屋さん。それにしてもつとむはよくもった方だったなあ。特別な引きがなかったにもかかわらず。今度のはし本は東池袋系大勝軒出身だとか。昨今の濃厚こてこてどろどろで勝負してくるのかと思ったら、そんなことなくて美味しかった。
 注文は味玉ラーメン。つけ麺のメニューがなかったのだが、他のブログなどを見ると今後やる予定だそう。つとむの頃より明るい雰囲気の店内、店主の対応もきびきびしていていい。こういう人がカウンターの中でワンオペでやっているのだったら、食べ終わったら器を上げてくださいってのも全く気にならない。
 登場したラーメンのスープを一口飲んで節系の旨味がぐっときて、それをまろやかに動物系の脂が包み込む。重たすぎず軽すぎずいい感じのバランス。もう年なのでズシンとくるラーメンにはしんどさを感じていたので、こういうのは意外と新鮮でいい。麺はわりと細め。スープとちょうどよく合っていると思う。
 いい店が来てくれて嬉しい。


by atsushisaito | 2017-03-02 12:01 | 飯@中野 | Comments(0)

中野飲み

c0016177_22015195.jpg
c0016177_22020321.jpg
c0016177_22032811.jpg
c0016177_22034359.jpg
c0016177_22035637.jpg
海賊船で黒糖焼酎。
c0016177_22051425.jpg
c0016177_22053304.jpg
その後は石松の向かいの晋道で一杯飲んでた(あんまり記憶がない、、、)




by atsushisaito | 2017-02-25 12:00 | 飯@中野 | Comments(0)

海神@中野

c0016177_12170220.jpg
 新宿の海神が中野に支店を。開店したと思った矢先になにか不具合があったそうで、一時期お店を工事で閉めていたけど、もうやってた。中野はランチは賑わうし夜は酔っ払いがいるから、なかなか需要があると踏んだのかな。
 注文は普通の塩ラーメン。魚のアラを使っているというのがウリのお店。魚の香りが突出したものがでてくるのかと思ったら、意外にも上品な味わいのラーメン。大盛り無料だったのだが、ノーマルのものを食べた。が、けっこう麺の量が多かった。飲んだあと需要なら、麺少なめで500円くらいで食べられたらいい感じなんだけどなあ。
 薬味の大葉のアクセントがなかなかよかった。ただ千円以下のラーメンに高いも安いもないかなと思ってるけど、中野で食べるラーメンとしてはちょっとお高いかな、と思ってしまった。
c0016177_12171699.jpg
 ラーメンを食べた後、すこし時間が空いたのでマッサージに行きたいと思ったのだけど、20分程度ですっとおさまるお店がなかったのでミヤマでコーヒーを。ブロードウエイ内の通りともなっているいい場所。ただ店に入った瞬間にタバコの臭いが。禁煙席に座ったが、空間が同じなので意味ないなあ。系列のルノアールはきっちり仕切ってるのに。
 しかしwi-fiが使えるのでありがたい。ちょこっと調べ物をしつつブレンドコーヒー。まあ喫茶店のコーヒーなんだけど、地味に美味しかった。500円と少し高いけれど。これで完全に禁煙だったら文句ないけれどなあ、と。そんな感じ。



by atsushisaito | 2017-02-20 12:37 | 飯@中野 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_21560002.jpg
c0016177_21561505.jpg
 まだ海賊船が開いてなかったので、久しぶりにカッパへ。なんだか店主と楽しい中国女(これはこれで楽しい)という感じの構成から日本人よりに。メニュー構成もなんだか一般的に。
 生の甲類焼酎をくっといきたかったので、焼酎をお願いするとなぜか、焼酎の炭酸割ね?と言われてしまったので再度焼酎をください、と。このあたりがすっと通らないあたりなんだかカッパじゃないなあ、と。
 知らない人のために補足だけど、中央線のカッパというモツ焼きや、例えば荻窪のカッパだとレバ刺しを注文すると、すっと塩だけふられたレバ刺しが刺さった串がでてくる、そんなハードコアなモツ焼きであった。中野店は開業が近年でどうもそのコアなところが受け入れられなく、今現在の迎合したスタイルの平凡なモツ焼きになってしまったのかなあ、と。
 基本、串は安いのだけれど、でもなんだかえ?と思うくらいの貧相な刺しになっていた。しいたけの石づき一つ一つを半分に切り落として刺してるし。タレは美味しかったけど。う〜ん、といった感じ。

c0016177_21563673.jpg
c0016177_21565693.jpg
c0016177_21571248.jpg
c0016177_21573686.jpg
 海賊船で黒糖焼酎。もうおまかせ。プロにおまかせするのが一番。だいたいの希望を伝えて選んでもらう。一杯500円でもそれが2000円のバーでも同じ。カウンターの向こう側にいるプロに聞くのが一番。


by atsushisaito | 2017-02-15 12:54 | 飯@中野 | Comments(0)

麺彩房@中野

c0016177_20484928.jpg
 うちの近所でその製麺の良さで有名なお店なのだけど、けっこう汁がどろっと濃い感じにシフトしてしまってからあまり選択肢に登らずに至ってかなり時間が経ってしまってからの訪問。たまには食べてみるかと中へ。券売機に和風つけ麺なるメニューを発見して購入してみた。
 平日の外した時間なので、客は少なめ。つけ麺なので茹で時間がかかるのでゆったりと待つ。新井薬師と中野のちょうど中間なので、週末以外はこんな名店でも落ち着いて食べられるというメリット。逆にいえば他がアベレージのお店ばかりであまり選択肢もないのだが。
 登場した和風のつけ麺は、本当に昨今のドロドロから乖離したものでよかった。少し前はへいぼん、そして栄楽の閉店でいわゆる本当に昔ながらのラーメンを味わえなくなってから久しいので、このまだまだそのレベルではないけれども、そういったニーズを理解してくれたメニューを揃えてくれたお店には感謝。
 まだ沼袋や新井薬師などの丸長があるだろ、という意見もあるかと思うが、このハイレベルな麺をシンプルに味わえるこの和風のメニューはやはり貴重かな、と。北口の人として!南はまだ大勝軒もあるし、東中野って選択肢もあるし。
 っていう補足はともかく、普通に美味しかった。

by atsushisaito | 2017-02-14 12:48 | 飯@中野 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_20385578.jpg
c0016177_20394125.jpg
c0016177_20394985.jpg
c0016177_20395930.jpg
c0016177_20400896.jpg
c0016177_20401788.jpg
海賊船で芋焼酎をたっぷりと。安くて美味しい塩豚ともやしの炒め物で。


c0016177_20403202.jpg
c0016177_20404178.jpg
c0016177_20405066.jpg
その後に石松でモツ焼き。いつもの中野での日常。


by atsushisaito | 2017-02-12 12:37 | 飯@中野 | Comments(0)

たき川@中野新橋

c0016177_21421596.jpg

c0016177_21422892.jpg

c0016177_21424179.jpg

 付き合いのある印刷所の東京支店があるのでたまに訪れる中野新橋。そしてそこに向かう途中になんだか旨そうだなあと思っていた大衆割烹たき川に入ってみた。外観は寂れた居酒屋。中に入ると4、5席のカウンターと小上がりの小さなお店。しかし黒板のメニューがとても良くて、この後の展開に期待できる。
 まずは瓶ビールで喉を潤しつつ注文するメニューを吟味する。どれも良さそうだけど、胃袋のキャパシティを考えるとあれこれと注文はできない。で、注文したのはイワシのつみれ鍋と芝海老とホタテの春巻き。
 お通しを突きつつ注文したものを待ったが、結構時間がかかった。で、登場した一人鍋がこれ。時間がかかったのは多分イワシをつみれにするところから始まっていたのではないかと思う。イワシの旨味が凝縮されたツミレというか、むしろ主役は素材の旨みが滲み出た鍋の汁。ツミレはもちろん美味いのだけど、この出汁がなんともたまらない。鍋が出てくる前に頼んだハイサワーが合わないことw
 急いでそれを飲み干し日本酒に。出汁と日本酒のコラボレーションはなんとも素晴らしく、するすると体に入っていく。そして春巻き。こちらは塩が添えられているが、もう素材の旨みだけで十分においしい。入店からお会計まで他に客は入って来なかったが、このレベルのお店が身近にあるって凄いことだと思う。意外と中野にこういう店って少ないから、中野新橋が少しだけ羨ましくなったり(でもあんまりお店の数はないね、、)。
 
by atsushisaito | 2017-02-06 12:41 | 飯@中野 | Comments(0)

上海麺館@中野

c0016177_21361558.jpg

 エビの旨味と辛さが加わった旨辛つけ麺。辛さは日和って一番少ないのに。麺も普通盛り。麺彩房を展開する製麺所の大成食品が経営しているので、麺の旨さとスープの良さは保証済みの安定の美味しさ。だけど、あまりエビって感じはしないかなあ。辛さもマックスくらいがちょうどいいのかも。
by atsushisaito | 2017-02-02 12:35 | 飯@中野 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_21561146.jpg

c0016177_21562980.jpg

c0016177_21564638.jpg

c0016177_21565870.jpg

 海賊船で黒糖焼酎。お通しの練り物の下には大根が隠れていた。塩豚ともやし炒めを注文。450円。素材は安価でも仕込みの手間で美味な料理へと変わる。中華なべで強火で煽られたもやしのシャキシャキ感は家庭で出せない味。難は店主一人なので、鍋を煽っている時はお酒の注文ができなることくらいかな。
by atsushisaito | 2017-01-27 12:55 | 飯@中野 | Comments(0)

海賊船@中野

c0016177_2145298.jpg

c0016177_21444585.jpg

c0016177_21451895.jpg

c0016177_21453420.jpg

 久々に海賊船で黒糖焼酎。お通しがしっかりしすぎて、これで満足してしまって申し訳ない。おまけにモツ煮までサービスしてもらった。今年もお世話になります。中野で黒糖焼酎に泡盛ならこちら一択。
by atsushisaito | 2017-01-23 12:44 | 飯@中野 | Comments(0)