カテゴリ:飯@豊島区( 8 )

松葉@東長崎

c0016177_2094118.jpg

c0016177_2094979.jpg

 あのトキワ荘の人達が愛したラーメン。つけ麺しか食べたことがなかったので、ふと食べたくなり雨の中を店へ。 意外にも硬めな茹で具合の麺で、オールドスクールなラーメンにありがちなノスタルジックなだけの味わいではなく、一本の芯を残していて、その昔を偲ばせるレベル。 もちろん今ではそのスープにはパンチは感じられないのだけれど、これに近い旨みを何十年も前に出していたのなら、近所で評判であったことは頷ける味。 
 「ンマーイ!」
 
by atsushisaito | 2013-06-29 12:06 | 飯@豊島区 | Comments(0)

富山ブラック 麺家いろは@東武百貨店

c0016177_102157.jpg

 初の富山ブラック。 富山に派生する黒い汁のラーメンを富山ブラックというのだとか。 確かに汁は黒っぽいし濃そうなのだけど、汁を味わってみるとそんなに塩気が強いというわけでもない。 いや、色に比べてという話だが。 だけど、この味、醤油の強さが大きい汁に甘味はもう少しで僕にはダメな領域に入っていきそう。 危うさを感じながら食べ進めたが、慣れると大丈夫だった。 
 とりあえず、富山に行く機会があったら他の店を食べてみようと思った。
by atsushisaito | 2012-02-09 10:20 | 飯@豊島区 | Comments(0)

HOT DOG 59@池袋駅

c0016177_1954615.jpg

 池袋駅ホームにあるホットドッグ屋。 この名前の59というのは59秒で提供することから、その名前をつけたのだとか。 僕はそれより、この59ドッグをどう注文していいのか迷った。 普通にゴジュウキュウでいいのか、それともフィフティーナインなのか。 それともゴーキューとか。 
 これはなかなか侮れない問題で、いつだって僕たちは玄人に見られたいものだ。 例え初めてであっても、常に知ったかぶりを振る舞いたい。 しかし、考えに考えた結果、まるで海外で注文するように、これください、と指差しに頼ってしまった。
 すると、ゴジュウキュウドッグですね、との返事。 ははー、ゴジュウキュウでよかったのか。 なるほど、と思った。 パンは2種類から選ぶことができる。 セミハードタイプを選らんだ。

 出来たてのホットドッグをホームでパクリ。 まずはソーセージの皮が口の中でカプリと弾ける歯応え、そしてパンのほどよい固さ。 旨い。 200円ちょっとで味わえる至福、、、、っていうのは言いすぎだけど、普通に美味しい。 バランスがいいんだな。
by atsushisaito | 2011-12-08 14:53 | 飯@豊島区 | Comments(0)

ときわ食堂@庚申塚

c0016177_20534328.jpg

c0016177_2054824.jpg

c0016177_2055232.jpg

 巣鴨にある評判のいい定食屋さん。2店あって、こちらは庚申塚のお店。 まずはアンキモにビール。 アンキモは値段が安いにも関わらず量もたっぷりな上に値段も安い。  お昼の時間だったので、店内は食事の人が多かったけど、このアンキモにテンションが上がる。 続いて秋刀魚の塩焼き。 さすが旬、という言葉では収まらないくらいの旨さ。 内臓がかつて食べた秋刀魚の中でも上位にくるほどの旨さで、そのへんの定食屋の秋刀魚では太刀打ちできない質。 定食で2000円くらいだしてるとこにも負けてないのではないかと思う。 最後はスタミナなんとか(名前失念)。 メカブ、納豆、生卵、山芋にマグロ刺し。 ネバネバ系。 これは酒のあてには選択ミスだったかな。 
 とにかくハイレベルな食堂。 壁のメニュー見てるだけでわくわくしてしまう。 
 
by atsushisaito | 2010-10-21 21:41 | 飯@豊島区 | Comments(0)

オリオン食堂2@東長崎

c0016177_21302124.jpg

 お昼休みのない通し営業で、便利。 濃魚ラーメンの食券を購入して席へ。 店内では麺へのこだわりや、そのほかもろもろ宣伝であったり、説明であったり、なかなかに飽きさせてくれない貼り紙が多数。 それらを眺めているとラーメン登場。
 白濁したスープの上にマー油かな?と思うほどの黒い液体。魚介の風味を凝縮したもの(たぶん)。 ベースのスープでは、ちょっと物足りないかなあ、という加減なのだが、そこにこの黒いのを混ぜていくとちょうどいい感じで美味しい。 
by atsushisaito | 2009-08-17 21:28 | 飯@豊島区 | Comments(0)

めるてぃんぐぽっと@椎名町

c0016177_21475125.jpg

 おさむでとんかつを食べようと思ってたのだが、ランチタイムは既に終了していた。13時半は早いなあ。しょうがないのでそのまま第二候補の洋食屋「めるてぃんぐぽっと」へ椎名町駅の踏切すぐそば。喫茶店ぽい外観。 注文はハンバーグ&海老フライのランチメニュー。 2時ちょっと前の入店だったが、ここも閉店間際だったみたい。料理を注文してしばらくすると入り口の看板が閉店にひっくり返された。
 初めにマグカップに入ったスープに、サラダのドレッシングがとんとんと置かれる。その後、ハンバーグとライス。サラダはハンバーグと同じプレート。ハンバーグはまあ普通の味。家で作るものとそう変わりはない。ふんわりというよりは固めの食感。海老フライもこれまた普通。とくになにかが旨かった印象はないのだが、町の洋食屋っていうのはこういうものなのかもしれない。だけど、なにかしらのサプライズは欲しい。 印象に残ったのは手作りのタルタルソース。荒く刻まれたゆで卵がいい感じ。 
 それくらいかなあ。この町に住んでいたらちょくちょく行くとは思うのだけど、昨日行った江古田の「Obasan」みたいに、一つ町を越えて行くほどではないかなあ。

 食べ終えて、椎名町をふらふら。八百屋が多くていい感じだ。北海道の魚介や野菜などの専門店があったので、そこで新巻鮭とでかいシジミを購入。ますの開きなんかも旨そうだったなあ。
by atsushisaito | 2008-05-22 22:10 | 飯@豊島区 | Comments(0)

松葉@南長崎

c0016177_21393921.jpg

 トンカツのオサムに行こうと原チャリを走らしたが、お店の戸を引くと立って待っている客あり。二日酔い(シアノマイド未開封)な上に油の臭いがつんときて、即刻撤退を決断(二日酔いで油ものはダメ)。そのへんでなんか食べらればいいや、と近隣を物色。 その中で店頭にマンガの切り抜きをベタベタ貼っている店を発見。こういう店はまずいんだよな、とよく見ればまんが道の一コマ。この近辺にあのトキワ荘があって、その人達がここのラーメンを愛していたらしい。 
 過大な期待はせず中へ。マンガと同じくラーメンを食べようと思ったのだが、他の客のつけめんに惹かれて、同じくつけめん注文、しかも大盛りで。 お店のホール担当の人が、学校行かないでいいの?といった感じの若い女の子なんだけど、その子の「おまちどう~」という言葉がなんかいい。様じゃない。普通におまちどう。 普段から、様っていう言葉って嫌い。金を払うかわりに、物として享受してるわけで、お店の人と客である自分ってある意味対等ではないかと思う。 なんでもかんでも様が奨励されているような現代だが、神格化されたその時点でサービスは一方通行になってしまい、結局それがディスコミュニケーションになるのではないだろうか。売ってくれる人があって、初めて物を買える。 だから僕はできるだけ、どんな店でも丁寧に接するようにしている。 
 肝心の味は、予想通りで特別おいしくない。ワカメが多くて、その香りがとくに邪魔をしている。こういう店は麺の茹でに無頓着なんだなあ、と思っていたら出てきた麺はしゃっきり固め。普通のつけめんを注文したわりには具沢山でおいしかった(中華料理屋の範疇で)。
 またそのうち、ラーメンでも食べに行こうと思う。
by atsushisaito | 2008-04-01 22:06 | 飯@豊島区 | Comments(0)

生ホッピー

 渋谷で撮影開始、、の前に手伝ってくれる人の胃袋を充填させるためセンター街のカレー食べ放題の店へ。4種のカレーとナン、変な肉、スープ、サラダとバリエーションが少ない。カレーなんてそう量も食えないし。僕は食べる気がなかったので適当にナンにカレーをつけてビール飲んでた。
 表参道まで歩くとパレードがやってて外国人いっぱい。なにやらアイルランドのお祭りらしい。巨大なギネスのバルーンがねり歩いていた。どっかの音楽隊(たぶん米軍)から大学のチアやその他様々で楽しめた。
 時間もある程度すぎたので、今夜飲み会がある池袋に移動。そこでまた撮影。ジュンク堂の裏っかわの公園が面白かった。漫才の練習してる女の人たち(デブ)を撮りたかったのだけど、練習のじゃまも悪いので声かけなかった。公園に張り巡らされた壁の向こうをジャンプして覗いてみると、墓地が広がっていた。肩車してもらって撮影。
 撮影するには暗すぎるけど、飲み会にはまだ早い、ということでそのあたりの居酒屋を物色。生ホッピー200円に惹かれた。その他のメニューも7時まで200円のものがたくさんあり、そこに決めた。ジョッキに焼酎をいれて、サーバーから生ホッピー!!キンキンに冷えたジョッキを口元にもっていくと一気に流し込んだ。いつもと違うきめの細かい液体が舌と喉を流れ落ちてうまい! ただちょっと焼酎きついなあ。もうちょっと少なめの方がバランスいいと思う。そういうこと考えるとナカとソトが分かれてる瓶出しの店の方が調整できていいな。つまみも200円にしては旨いものばかり。ハッピーアワーの時間もいいけど、それ以外の時間にもきたいなあ。結局2人で5000円。酒はお互い7杯ぐらい飲みました。僕が付き合わせたんだけど。ほら、遅れてるよお、って。
 でイケフクロウの待ち合わせ地点へ。2500円で飲み放題のシケた店でダラダラと飲んで解散。やっぱりけちるとダメだな。
by atsushisaito | 2005-03-20 20:46 | 飯@豊島区 | Comments(0)