カテゴリ:飯@東中野( 15 )

十番@東中野

c0016177_21505168.jpg

c0016177_2152281.jpg

 タンメンで有名な東中野の十番でビールに餃子。 水餃子はラーメンスープに入れられて登場するのが面白い。 まあ、水餃子も焼きも普通以上のものじゃないのだけど、普通の餃子で十分美味しいのだから、それでいい。
by atsushisaito | 2014-08-27 12:45 | 飯@東中野 | Comments(0)

包@東中野

c0016177_21275430.jpg

c0016177_2128281.jpg

 以前から気になっていたお店へ。  なに料理屋かというと、無国籍料理屋とのことだが、羊などの中央アジアっぽい感じが主流みたい。 意外と大きな箱のお店だけど、今回は外の屋台風な場所で軽く食事。 外と中ではメニューがだいぶ違うみたいで、外の方は焼き鳥などがメイン。
 羊の煮込みや串を食べた後に、普通の鶏肉の焼き物を何品か。 それをビールや紹興酒で。 軽く飲む分には外の屋台風な場所でもいいと思うけど、やはりお店の中で出される料理が気になるなあ。 
 次回は中で、是非。
by atsushisaito | 2013-05-27 12:27 | 飯@東中野 | Comments(0)

per Bacco@東中野

c0016177_21305258.jpg

c0016177_21293693.jpg

c0016177_21294568.jpg

 東中野のイタリアンのお店へ。 半地下のお店でいい雰囲気だな、と思っていたけどちょっと怖気づいてしまい、なかなか一人では行けなかった。 実際、夜に飛び込みで入るとあまり歓迎ムードには感じられなかった。 どうもこの日は予約でほぼ埋まっていたみたいで、そのあたりですでに僕には場違いな雰囲気。 お店はシェフとホールの二人で回している。 ホールの方はとても丁寧。 調子にのって予算オーバーになってしまうのが怖いので、ワインをボトルでもらった。 安いので、とつけ加えて。
 最初にホッキ貝と筍のサラダ、本日のパスタ(オリーブとケッパーのなにか)、入間三元ポークの三皿をアラカルトで。 サラダはオリーブオイルにニンニクの香りのゴールデンコンビな味付けで美味しかった。 けっこう塩は強め。 続いてパスタ。かなり固い茹で加減。、、、これはどうなんだろう。こういうものなのかなあ。 最後のメインの肉は見た目も味も良くて、満足。 追加料金で付けた焼き野菜も美味しかった。 
 食べるのが速すぎたせいか、料理が出るまでの時間が少々長すぎるように感じたのと、全体的に塩が強いかなあと思った。 おかげで、ワインは一本空けることができたのだが、人によってはしょっぱいと感じる人もいるかと。
 とはいえ、お店を後にした印象は総じていい感じで、いつもの居酒屋よりは少し高くなってしまうけれども、また食べたいと思えるお店だった。
by atsushisaito | 2013-02-26 12:26 | 飯@東中野 | Comments(0)

大盛軒@東中野

c0016177_20295450.jpg

 東中野の栄児で担担麺を食べようと思ったら、定休日だったので大盛軒へ。 日替わりの定食が天津飯だったので、それを注文。 半ラーメンがプラス50円でつけられたのだが、腹具合と相談した結果、それは無理との判断だったので、なし。
 登場した天津飯を見て、がっかり。 ケチャップベースの甘酢系のタレ。 東京ではこれが標準。苦手というほどではないにせよ、やはり普通の塩ベースの天津飯が好きなのだ。 見た目より玉子がふわふわでそれはよかったのだけど。
by atsushisaito | 2012-05-02 12:28 | 飯@東中野 | Comments(0)

十番@東中野

c0016177_19231086.jpg

 タンメンで有名な十番だけど、どうもタンメンていう気分じゃなくて、普通のラーメン。  普通の冴えてない中華料理屋のラーメンだった、、、、、。これをベースでどうすれば、あの十番の神タンメンに発展するのだろう。 
by atsushisaito | 2011-11-12 12:22 | 飯@東中野 | Comments(0)

大成@東中野

c0016177_1951334.jpg

c0016177_195216.jpg

c0016177_1952634.jpg

c0016177_1953363.jpg

 東中野は、なんだか街の構成がつかみにくい、、、、。 新宿の有名店「鳥茂」で修業した人が、開いたモツ焼きのお店があることは知っていたのだけど、なかなか行く機会がなかった。  最近、中野で飲みすぎなこともあり、少し目先を変えて件のお店へ。
 カウンターだけのお店(宴会用の座敷も2Fにあるらしい)。 落ち着いた感じからは、モツ焼き屋な感じは微塵も感じられない。 瓶ビールと串5本セットをお願いした。 お通しは沖縄産のオクラの炭火焼。 
 まずはレバー。 串が事前に抜かれている。 このレバー、最高に旨い。 中はレアな豚レバー、ごりごりと歯を押し返すような心地良い食感。 都内で食べられるレバーでも最高のものだと思う。
 これに反して、ハツ、タンは火が入り過ぎてがっかりなレベル。 タレのシロ、つみれも感動ものではなかった。 とにかくレバーが美味しすぎて、他の部位が霞んでしまった感じ。
 一串が大きいので、瓶ビールをもう一本飲むとお腹一杯になってしまった。  今回の当たりはレバーだけだったけど、他のものも是非食べてみたい。
by atsushisaito | 2011-11-11 12:04 | 飯@東中野 | Comments(0)

十番@東中野

c0016177_21312319.jpg

 ジャージャー麺。 あー、違う。イメージと違う。もっとこう麺に肉みそがのってっていうのと違う。 でもこの味噌ラーメンになりきる前の中途半端の状態も悪くない。 味噌スープがフライパンであおられた後の香ばしさもいい。
by atsushisaito | 2011-04-03 21:36 | 飯@東中野 | Comments(0)

ジャスミン

c0016177_20154370.jpg

 茉莉と書いてジャスミンと読むのだとか。 東中野の中華料理屋さん。 十番でタンメンでも、と足を運んだのだが準備中の看板。 中で食べている人がいたから、もうちょっと早く来ることができたら、食べられたなあ、と思いながら商店街を歩いていると、なかなか良さげな感じがしたので、入店。
 ランチのサービス定食を注文。 お店の人は会話はあちらの言葉。 メニューを見る感じだと北京料理が主なのかなあ。 椅子が小さくテーブル席が店内ぎっしり詰め込まれていて、混んでるときはちょっとしんどいかも。
 ランチは豚肉と大根の炒め物。 それにジャガイモの冷菜とスープにおしんこ。 ご飯は大盛り無料で特盛り100円。 だけど、それを知ったのは注文後だったので、ご飯は普通の盛り。 大根の炒めものってどんなのか想像できなかったのだが、美味しかった。 下茹でしてから炒めてるのかなあ。 メニューには辛口って書かれてたけど、辛くはなかった。 まっ黒になった唐辛子の残骸は散見されるのだが。
 
by atsushisaito | 2009-12-15 20:26 | 飯@東中野 | Comments(0)

みそや林檎堂@東中野

c0016177_21171173.jpg

 近所に新店が開店しているのに、全然行っていない。 この店は昼は味噌ラーメン専門、夜はつけ麺専門と2つの顔を持つお店。 最近、味噌ラーメンに懐疑的なので、昼の味噌ラーメン専門のみそや林檎堂へ(夜はアップルベーシックと、名前までも変わる)。

 味噌ラーメンに玉子のトッピング。  小さいながら、いい雰囲気のお店。女の人が一人で食べててもまったく違和感ないだろう。 しばらくしてラーメン登場。 ネギがたっぷりのっている。 まずは汁をずるっと飲む。 凄い粘度でどろどろ。 近所だと東高円寺のえん寺を想起させられる粘度。 麺を持ち上げると汁が絡みついてくる。 味噌っぽさはさほど強くないが、とにかくこってり。 二日酔いの体にはきついが旨い。 玉子はなかなか。黄身が濃くて美味しい。 
 だけどもどうして味噌っていうとこうもやしやネギがたっぷりなのだろう。 麺がなくなった後は、ネギをむしゃむしゃ。 汁は僕には濃かったので残した。 まさか割ってください、とも言えないし。 でも市ヶ谷の「くるり」はこれより濃いらしい、、、。

 つけめんも食べにいこう。
by atsushisaito | 2009-11-24 21:28 | 飯@東中野 | Comments(0)

大盛軒@東中野

c0016177_20404752.jpg

 たいせいけんって読むんだあ。 ずっとおおもりけんと思っていた。 江古田のお店がなくなってから久しく行ってなかったのだが、ふと東中野にもあることに気付いて行った。
 すごく繁盛していた。 オーダーは鉄板麺。 キャベツに豚肉を乗せてじゅーじゅー音を鳴らして登場。 付け合わせに玉子とカリカリにんにく。そしてミニラーメン。豪快だ。 食べ方のイラストが店内に貼られている。いい感じだなあ。 誰が書いたのだろう。そのディレクション通りに玉子をのせていただく。 おいしい。あまり味付けは濃くなく、あとから加えたタバスコが主張してしまう感じ。 最初はセーブしてちょっとづつ加えていく方がいいかも。
 ラーメンは麺がビロビロで美味しかったが、量的にはいらなかったなあ。 
by atsushisaito | 2009-11-17 20:39 | 飯@東中野 | Comments(0)