カテゴリ:飯@渋谷区( 77 )

そばいち@恵比寿駅構内

c0016177_11015734.jpg
 恵比寿駅の改札内の蕎麦や。このスペース、讃岐うどんが流行るといち早くうどん屋になったり、今回も廉価だけどしっかりとした蕎麦屋と、駅を利用する客層に合わせてうまく展開している。ちなみにこのJRの関連会社が中野で展開するのはそばうどんのあじさい茶屋。恵比寿にあじさいだったら、女性客一人で入ってくることは少ないだろうし、中野のホームで食べるターゲットを考えるとあじさいの方がいいよなあ。
 店内は立ちスペースと座れる席が用意されている。不覚にもテーブルに座る時に水をこぼしてしまった、、、、。近頃の新興の立ち食い蕎麦と同じく、麺としてのレベルは高く値段を考えると文句のつけようがない。ただし、汁はどこも一様に弱い。誰にでも美味しくということなのだろうけど、濃いめの辛汁の用意があれば取りきれてないコアな層も食べにくるのでは、と思ったり。

by atsushisaito | 2017-11-17 11:07 | 飯@渋谷区 | Comments(0)

おおぜき中華そば店@恵比寿

c0016177_21565557.jpg
 そういえばここ数年、恵比寿あたりでラーメンを食べてなかったなあ、と調べて良さげな店があったので行ってみた。もう5年もやってるとか。中華そば。化学調味料を使っていないということだけあって、口あたりがまろやか。その代わり醤油で攻めてくる。麺は細めのパツパツな感じ、チャーシューやメンマのどれをとっても今の時代の完成形のようなラーメン。僕はどちらかというともう少し前時代というかオールドスクールのスタイルのものが好きだけど、こういうのも好き。
 朝ラーメンもやってるので、機会があればまた食べたい。

by atsushisaito | 2017-10-18 12:56 | 飯@渋谷区 | Comments(0)

福ちゃん@渋谷

c0016177_22364535.jpg
c0016177_22364536.jpg
c0016177_22364657.jpg
 立ち飲みの福ちゃんで魚。注文は最初の一回だけの1時間勝負なので、注文で全てが決まるといって過言ではない。この日は生牡蠣、まぐろぶつ、塩かつおのたたきにホタルイカ。
 わりと最近(長期間で見た時)、焼酎にその日のプレミアム焼酎があって、この日は佐藤の黒。前回もそうだったか。ビールから始めて、佐藤を2杯でご馳走様。
 


by atsushisaito | 2017-05-04 12:13 | 飯@渋谷区 | Comments(0)

今市@恵比寿

c0016177_14262984.jpg

 めぐたまで飲もうと行ってみると予約で満席。仕方ないなあとあまり恵比寿でのあてがないので、一度行ったことのあるさいきを思いついたのだが、こちらは孤独のグルメに登場しているので満席だろうなあ、と思いつつ電話。席ありますか?と聞くと空席情報は教えられません、と言われてしまった。すぐ行けるけど、到着した段階で満席でもそれはしょうがないので、とりあえず今大丈夫かどうか教えて欲しいとも言ってみたが、頑なに席の情報は教えられないと言われてしまったので、とりあえず店に向かった。満席だったら、満席と教えてくれるものだろうし、頑なに教えてくれないということは、席があるかも、と。到着すると、最初に想像した通りに満席だった。。。
 どうしよう、とフラフラ彷徨っていると恵比寿には多分珍しいくらいに古い酒場の感じのお店を発見。洒落たところよりこういうところでゆっくり飲むかあ、と中へ。外観に比べて中は綺麗。2Fで大丈夫なら、と案内してもらった2Fは外観とはかけ離れてアンティーク調でシックにまとめられた内装。何かに化かされたのかというくらいに驚いてしまった。
 料理も酒もいわゆるできる居酒屋のもので、基本的なものからジビエまで押さえられていて、2級酒でおでんでもあればいいかな、と思っていた僕は思わぬ当たりを引いてしまったな、と己の嗅覚に惚れ惚れしてしまうくらいに、いいお店だった。
 昔からある酒場の外観そのままに、内装をリノベーションしたお店だとか。これから恵比寿で飲む時には候補に上がるお店。
c0016177_14264264.jpg

 今市で飲んだ後に、再びめぐたま。今度は入れ他ので、めぐたまオリジナル日本酒を。
by atsushisaito | 2017-01-17 12:25 | 飯@渋谷区 | Comments(0)

山本商店@恵比寿

c0016177_234754100.jpg

 恵比寿に角打ちの酒屋があるなんて全然知らなくてびっくりした。写真集飲み会というイベントででた一升瓶をどうするかと悩んでたところに一緒にいた写真家の山谷がいいところがある、と案内してくれたお店。現代的なビルの地下にあるその酒屋は店内、店外に角打ちスペースがあり、お店のお酒を皆さん楽しんでいた。
 もちろん角打ちなのでおつまみを最小限でスナックとか簡易なものになってしまうのだけど、ワインの種類も豊富で、これは良いところを教えてもらったなと思いつつ、ビールで乾杯。
 いいお店でした。
by atsushisaito | 2016-12-15 12:47 | 飯@渋谷区 | Comments(0)

福ちゃん@渋谷

c0016177_169473.jpg

 福ちゃんで魚。なに食べても旨いが、ここのサザエはマスターピース。
by atsushisaito | 2016-10-04 12:08 | 飯@渋谷区 | Comments(0)

洋食 富士屋本店 @渋谷

c0016177_15424637.jpg

c0016177_1543817.jpg

 立ち飲みで有名な冨士屋本店のすぐ近くにできた別形態のお店。冨士屋本店と同じく地下に降りていく仕様なのだけど、お店はとても奇麗、そして立ち飲みではなくテーブルに椅子。カウンターも少し。屋号の洋食の名の通りに洋食。
 冨士屋の名物でもあるハムカツなどもあるが、注文したのはポテトサラダ、和牛のタタキ、アヒージョ。ハラミステーキ、キッシュにサーロイン。どれも美味しく、そして値段が安かった。このレベルの美味さのお料理にお酒が安いと、ぐっと身近に感じられる。一人でも楽しめるかもだけど、4人くらいで来るのが一番楽しめる盛り。
by atsushisaito | 2016-09-14 12:41 | 飯@渋谷区 | Comments(0)

元祖寿司@恵比寿

c0016177_2013550.jpg

c0016177_2015348.jpg

c0016177_202791.jpg

c0016177_202211.jpg

c0016177_2024447.jpg

 小腹が空いたときにでもコンビニのおにぎりじゃ味気ないっていうときに、ちょうどいいのが回転寿司。もしくは博多天神。ここは今主流のタッチパネル式ではない。せっかくの回転寿司なのに回ってない皿をわざわざオーダーしたくない派なのだが、このタッチパネルが回っているのは見本で、注文こそが真の食べるべき寿司という流れに拍車をかけていると思う。もう近い将来、目の前のカウンター内にいる店員に対してタッチパネルでオーダーする時代が来るのかもしれない。
 タッチパネルがないこの店は、比較的レーンに流してくれる頻度が高く、目の前を通り過ぎていく寿司をのせた皿をどうしようかなあ、と思いつつ目で追い、さらに一周したところをキャッチする楽しさが残っている。この日はなんだか海苔の気分で、全部軍艦。サラダ巻きからマヨネーズと、そのあたりが実は回転寿司の醍醐味。
 ここでしかないなにかを堪能してからお会計。
by atsushisaito | 2016-07-03 12:00 | 飯@渋谷区 | Comments(0)

ひで@神泉

c0016177_2027279.jpg

c0016177_20273916.jpg

c0016177_20274969.jpg

c0016177_2027582.jpg

c0016177_2028959.jpg

c0016177_20281965.jpg

 太田和彦先生のビッグコミックの連載で書かれていたお店へ。カウンター席あたりは普通におでんの酒場風情なのだが、奥には立派な座敷がいくつかあり、障子の向こうからはチン、トン、シャン、と芸者さんが奏でる三味線の音が聞こえる。昔の花街であった風情がそのまま残っているお店。
 最初はカウンターが一杯だったので、お座敷に通された。渋谷にこんなお店があるんだ、と驚くくらいに喧噪からかけ離れた落ち着いた空間。お酒は浦霞の4合瓶。値段が書かれていなかったので、かなりの値段を覚悟したが、意外と安かった。つまみはホタルイカにアスパラ。この日は混んでるので申し訳ありませんと、隣で芸者さんたちが支度をして、ちょっとお話をさせてもらったりして、なんだか逆に得した気分。
 この後に、カウンターが空いたとのことで移動した。おでんをちょこっとつまんだ。出汁はどっちかというとこってりな感じで、上品さはないけれど旨い。そうとうに酔っ払ってしまったので、おでんの一つ一つまで覚えてないので、次回はここを一件目にしたい。
 
 
 
by atsushisaito | 2016-04-22 12:20 | 飯@渋谷区 | Comments(0)

福ちゃん@渋谷

c0016177_1481325.jpg

c0016177_1482633.jpg

 タイミングがなかなか合わずに、ずいぶんと久しぶりに福ちゃん。注文するときに、店の人がぼそっと「久しぶり」といってくれたのがけっこう嬉しかったり。さざえ、牡蠣にあんきも。ここの価格で同じ質の魚を食べさせてくれる店は都内にはなかなかないんじゃないかなあ。立ち飲み、制限一時間という高いハードルはあるけれど、それでも行ってしまう酒場。
by atsushisaito | 2016-04-20 12:07 | 飯@渋谷区 | Comments(0)