カテゴリ:飯@新井薬師( 460 )

三笠食堂@新井薬師

c0016177_17533056.jpg

c0016177_17534178.jpg

 ご主人が怪我をされてから奥さん一人で頑張ってる状態がずっと続いていて、ちょっと心配。メニューもぐっと絞られていての営業。リニューアルして奥さんの動線の長さが短縮された矢先のことで、いまも前と変わらないくらいにお忙しそう。
 この日はゴーヤーのおひたしに鮭の塩焼き。定食色が強くなってしまっているので、あまり長尻することなくビール一本で御馳走さま。
by atsushisaito | 2016-09-04 12:52 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

担担麺 百錬@新井薬師

c0016177_21281978.jpg

 もはや鬼門かと思える場所での居抜き開店。最初のお店は今をときめく幡ヶ谷の不如帰が低迷するお店のメニューをブラッシュアップしたものの閉店、次に名古屋で50年愛されてきた玉子とじラーメンというお店も敗退。
 その場所を引き継いだのがこの百錬、地元民からは今度は頑張ってくれという熱い視線を密かに注がれている。しかし、今回の店主は名古屋とのこと、以前のお店と関係があるのかな。ま、そのあたりは大人の事情があるのでしょう。
 食べたのは汁なし担々麺。麺の量が少なめかなあ、という印象。花山椒をもっとがつんと効かせて欲しかったなあ、という印象。このほどほどさがちょうどよい美味しさだというのもわかるのだけど、例えば池袋の楊みたいなエクストリームな方向であったら面白いかなあ、と思ったんだけど。あ、あとスープ希望。汁なしにインパクトがないんだったら汁でリカバリーして欲しい。
by atsushisaito | 2016-07-11 12:27 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

ジャンボ@新井薬師

c0016177_2059211.jpg

c0016177_20593646.jpg

c0016177_20595298.jpg

c0016177_210673.jpg

c0016177_2103079.jpg

c0016177_2104762.jpg

 新井薬師から中野に歩いていくとお店はたくさんあるのだけど、新井薬師前駅付近だとお店がかなり少ない。僕も年とともに冒険心みたなのが薄れていってしまって、なかなか新店にも行かなくなってしまって、かつ居抜きのお店などは次第に敬遠してしまうようになってしまった。
 それではイカンと、以前に中華のお店が入っていたこちら、ジャンボに。吉田類は来ることがあっても絶対に太田和彦は来ない雰囲気。焼き物の店とはわかっていたのだけど、いざ店の前に来てもなかなか入る勇気がわかなかった。ピンポイントで焼き物ならわりと楽だったのかもだけど、店頭で目にできるヴァリエーションが幅広かったので。
 中に入って、とりあえずシャリキン。金宮という焼酎を冷凍庫でシャリシャリに凍らせて、それをグラスにシャカシャカいれてそこにホッピーを注ぐ。シャリキンの量が少なく感じたので少しテンションが下がった。でも日本酒のラインナップからしてマチダヤ経由なので、お酒の種類は問題なし。
 正直、お店の雰囲気は美味しいものが出てきそうな雰囲気がなかったので、とりあえずつくねとレバーをタレで。これを食べて帰ろうかなあ、と思って串を食べたら旨かった。意外だなあ、と思ってでもまだ帰る気まんまんでトマト巻きとうずらを注文。
 ミニトマトではなくて丸をカットしたものに豚バラを巻いたものがでてきて、そしてこれも美味しかった。お、なんだこの店と思い始めて、日本酒(銘柄は忘れた)。うずらは普通。
 で、確か、シロやアゴやハツなのかなあ、モツ焼きを数本注文したら、これが旨くて店主ただもんじゃないな、と思ってよく見たら、四文屋で何度かお見かけした焼き手の人でした。。。
 四文屋の代替というより、こちらはこちらで面白いと思う。これからどう発展していくか楽しみ。
 
by atsushisaito | 2016-07-09 12:58 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

福しん@新井薬師

c0016177_2024016.jpg

 福しんの焼きそばをつまみに生ビール。もう一杯生ビールおかわりしてご馳走様。麺がちょっとゴムっぽいけど、これはこれでいける。
 
by atsushisaito | 2016-07-05 12:23 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

富士そば@新井薬師

c0016177_21252148.jpg

 たまには温泉卵で。
by atsushisaito | 2016-06-21 12:24 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

中野苑 @新井薬師

c0016177_1465687.jpg

c0016177_147572.jpg

c0016177_1471678.jpg

 定食という名の一人前の焼き肉セットにタン、カルビにロース。煙がもくもくする昔ながらの焼き肉屋で、煙に燻されながら食べる。かなり入り辛い古びた外観ながらも、生ビールの鮮度管理やサーバーの洗浄もしっかりしていて、焼き肉の脂をごくごくと洗い流すには最適の一杯が飲めるお店。
by atsushisaito | 2016-06-19 14:12 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

福しん@新井薬師

c0016177_1637993.jpg

 チャーハン450円のおともラーメン100円、計550円というハイコストパフォーマンスを誇るセット。美味し。
by atsushisaito | 2016-06-13 12:35 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

福しん@新井薬師

c0016177_2314516.jpg

 福しんでつけ麺が復活していた。しかも、なんとなく美味しくなってる。もちろんゆるい感じの味なんだけど、550円でふらっと食べる分には上出来の美味しさ。最後にスープ割りができたらいいんだけどなあ。聞けなかった。
by atsushisaito | 2016-06-03 12:14 | 飯@新井薬師 | Comments(1)

家宴@新井薬師

c0016177_23102342.jpg

 安定の上海風焼きそば。旨し。
by atsushisaito | 2016-06-01 12:09 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

やみつき商店@新井薬師

c0016177_22104596.jpg

c0016177_22105768.jpg

 新井薬師の駅周辺というのは、なかなか商売するのが難しいのか、いろいろとお店が変わる。中野まで歩いてすぐだし、新宿にも各停で数駅。特に地元に求めることはないのか、客足も伸びないみたい。
 この店も当初は焼き鳥屋でスタートしたが、しばらくしてから焼き肉屋に変更。普通ならその変化を横目に行くことはないのだが、この店の場合は運営が中野の人気の焼き肉屋なので、気になった。それでも数年おいてみたが、まだやってるので行ってみた。
 七厘で焼くタイプ。吸引が強いので臭いの心配はなし。このあたり、内装といい小洒落た焼き肉屋の要件を満たしている。まあ、あんまり新井薬師には需要はないが、、、。肉は安いラインナップから高いところまで用意されている。
 注文は490円のタンシタ、中落ちカルビ、それにハラミとシビレ。値段なりといってしまうとそれまでなのだけど、雰囲気は味わえる。490円のメニューは最初に安いな、と思うけれど味もそれなりなので、まあまあ。レギュラーのシビレなんかは、十分に美味しかった。
 お店のレイアウトが微妙すぎるから、この先も難しいかなあ。もう少し中野のお店と関連した宣伝ができれば、なんとか。
by atsushisaito | 2016-05-26 12:09 | 飯@新井薬師 | Comments(0)