カテゴリ:飯@新井薬師( 465 )

福しん@新井薬師

c0016177_1323567.jpg

 たまに雑にろくに味あわずに中華めんをたくさん啜りたいときに食べたくなる中華屋のつけ麺。そんなときに重宝する福しん、いざその雑な汁のうまくもなんともない味を求めおもむろにカウンターに座り、麺をつけ汁に投入して麺をずばずばずばっと啜ってみると、これが想像を大きく外して旨い。旨すぎる。期待していたぐだぐだな麺に薄い汁の味わいのミキシングから遠く離れていて、一杯の完成したつけ麺として、そこに料理はあった。
 というのは大袈裟なんだけど、麺は昨今のつけ麺用に特化して製麺されたようなものではなく、普通にラーメン用のものなんだが、しっかりと水でしめられていて、つけ汁も大きくラーメンの味の組み立てからは外れてはいないのだが、チャーシューの細切れを汁に沈ませたりと、つけ麺がつけ麺であるべくための努力がしっかりと感じられるものであった。 
 さすが、福しん。と感動して二日間連続で行ったしだい。
by atsushisaito | 2016-10-15 12:23 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

オリエントスパゲティ@新井薬師

c0016177_9502871.jpg

c0016177_950454.jpg

c0016177_951517.jpg

c0016177_9512583.jpg

 久々に近所のオリエントスパゲティで一杯。一杯というかコノスルのオーガニックをボトルでもらった。サラダから始めてちびりちびりとつまみながら、最後に納豆タラコクリームスパゲティ。納豆は合わないなあと思ったり。最近ご無沙汰だったけど、こんどランチ行ってみよ。
by atsushisaito | 2016-10-13 12:49 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

富士そば@新井薬師

c0016177_21223710.jpg

 富士そばが不味いなんていってるやつらは、そもそも富士そばを蕎麦だと思ってるからダメなんだと思っている昨今。富士そばを不味いとかって言葉を吐いてるやつらは全員バカ。富士そばは富士そばっていう名前の食べ物なんだよ。というわけでとろろとオクラの冷やしを美味しくいただいた。
by atsushisaito | 2016-10-07 12:21 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

富士そば@新井薬師

c0016177_1672459.jpg

 とろろとオクラの冷やし
by atsushisaito | 2016-10-02 12:05 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

麺屋 ZETTON @新井薬師

 
c0016177_19162251.jpg
 駅前食堂以来、どこが入っても定着しない場所に入ったお店。しばらく様子見で入ることもなかったのだけど、そろそろいいかな、と中へ。狭苦しいカウンターとかとにかくレイアウト的にしんどい。一人でテーブルを占拠するのも悪いので、とりあえずその狭いカウンターに。買ったまぜそばの食券をかの国出身の店員さんに渡した。
 なぜかそのまぜそばに付いてくる味噌汁をこぼしながら、店員さんが持ってきてくれたまぜそばをさっそくいただく。載せられた具材で押し込むような強引な味で、決して不味いとまではいかないのだけれど、もうすこし攻めるポイント、基本的なところをしっかりすればここまでわけのわからない味にならないのではないだろうか、と思った。なにを食べさせたいかはっきりしない味。この味噌汁からして奇をてらっている感じで好きになれない。
 

by atsushisaito | 2016-09-07 12:15 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

三笠食堂@新井薬師

c0016177_17533056.jpg

c0016177_17534178.jpg

 ご主人が怪我をされてから奥さん一人で頑張ってる状態がずっと続いていて、ちょっと心配。メニューもぐっと絞られていての営業。リニューアルして奥さんの動線の長さが短縮された矢先のことで、いまも前と変わらないくらいにお忙しそう。
 この日はゴーヤーのおひたしに鮭の塩焼き。定食色が強くなってしまっているので、あまり長尻することなくビール一本で御馳走さま。
by atsushisaito | 2016-09-04 12:52 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

担担麺 百錬@新井薬師

c0016177_21281978.jpg

 もはや鬼門かと思える場所での居抜き開店。最初のお店は今をときめく幡ヶ谷の不如帰が低迷するお店のメニューをブラッシュアップしたものの閉店、次に名古屋で50年愛されてきた玉子とじラーメンというお店も敗退。
 その場所を引き継いだのがこの百錬、地元民からは今度は頑張ってくれという熱い視線を密かに注がれている。しかし、今回の店主は名古屋とのこと、以前のお店と関係があるのかな。ま、そのあたりは大人の事情があるのでしょう。
 食べたのは汁なし担々麺。麺の量が少なめかなあ、という印象。花山椒をもっとがつんと効かせて欲しかったなあ、という印象。このほどほどさがちょうどよい美味しさだというのもわかるのだけど、例えば池袋の楊みたいなエクストリームな方向であったら面白いかなあ、と思ったんだけど。あ、あとスープ希望。汁なしにインパクトがないんだったら汁でリカバリーして欲しい。
by atsushisaito | 2016-07-11 12:27 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

ジャンボ@新井薬師

c0016177_2059211.jpg

c0016177_20593646.jpg

c0016177_20595298.jpg

c0016177_210673.jpg

c0016177_2103079.jpg

c0016177_2104762.jpg

 新井薬師から中野に歩いていくとお店はたくさんあるのだけど、新井薬師前駅付近だとお店がかなり少ない。僕も年とともに冒険心みたなのが薄れていってしまって、なかなか新店にも行かなくなってしまって、かつ居抜きのお店などは次第に敬遠してしまうようになってしまった。
 それではイカンと、以前に中華のお店が入っていたこちら、ジャンボに。吉田類は来ることがあっても絶対に太田和彦は来ない雰囲気。焼き物の店とはわかっていたのだけど、いざ店の前に来てもなかなか入る勇気がわかなかった。ピンポイントで焼き物ならわりと楽だったのかもだけど、店頭で目にできるヴァリエーションが幅広かったので。
 中に入って、とりあえずシャリキン。金宮という焼酎を冷凍庫でシャリシャリに凍らせて、それをグラスにシャカシャカいれてそこにホッピーを注ぐ。シャリキンの量が少なく感じたので少しテンションが下がった。でも日本酒のラインナップからしてマチダヤ経由なので、お酒の種類は問題なし。
 正直、お店の雰囲気は美味しいものが出てきそうな雰囲気がなかったので、とりあえずつくねとレバーをタレで。これを食べて帰ろうかなあ、と思って串を食べたら旨かった。意外だなあ、と思ってでもまだ帰る気まんまんでトマト巻きとうずらを注文。
 ミニトマトではなくて丸をカットしたものに豚バラを巻いたものがでてきて、そしてこれも美味しかった。お、なんだこの店と思い始めて、日本酒(銘柄は忘れた)。うずらは普通。
 で、確か、シロやアゴやハツなのかなあ、モツ焼きを数本注文したら、これが旨くて店主ただもんじゃないな、と思ってよく見たら、四文屋で何度かお見かけした焼き手の人でした。。。
 四文屋の代替というより、こちらはこちらで面白いと思う。これからどう発展していくか楽しみ。
 
by atsushisaito | 2016-07-09 12:58 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

福しん@新井薬師

c0016177_2024016.jpg

 福しんの焼きそばをつまみに生ビール。もう一杯生ビールおかわりしてご馳走様。麺がちょっとゴムっぽいけど、これはこれでいける。
 
by atsushisaito | 2016-07-05 12:23 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

富士そば@新井薬師

c0016177_21252148.jpg

 たまには温泉卵で。
by atsushisaito | 2016-06-21 12:24 | 飯@新井薬師 | Comments(0)