カテゴリ:飯@新井薬師( 470 )

丸長@新井薬師

c0016177_23344933.jpg
 そういえば意外と大盛りを注文したことなかったのでは、と大盛りのつけそばを注文してみると普通盛りから一気に大盛り。ああ、一度か二度は注文したことある代物だった。麺そのものは美味しいのだけど、汁が弱い新井薬師丸長では、この大盛りの麺はあまりアドバンテージにならず。後半ちょっとしんどくなるんだよなあ。
 ただし、前半のこんなに丸長よかったっけ?感は強くてぐいぐいずるずる麺を食べることができる心地よさは格別なんだけど、普通盛りから一気に量が増えすぎて終盤のダレを強く感じてしまう。あとなんだろうなあ、スープのざらっとした感じ。なんかテクスチャーを感じてしまうのだけど、それは最後までわからなかった。
 なんかもう少しなにかの針を振り切ることができれば、行列店になるのではと思う。

by atsushisaito | 2017-03-10 12:34 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

富士そば@新井薬師

c0016177_11042980.jpg
 この日のかけ蕎麦はなんだか美しく見えた。


by atsushisaito | 2017-03-03 12:01 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

bun吉@新井薬師

 
c0016177_21272997.jpg
 いままで裏メニュー的であったカツカレーがその日のランチメニューに!新井薬師で洋食というとbun吉という不動の地位を築きつつある。店主の腰の曲がり方が気になるが。大丈夫かな、、、。



by atsushisaito | 2017-02-24 21:36 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

RYOMA本店@新井薬師

c0016177_23074847.jpg
 随分とご無沙汰というか10年くらい前なのかな、前回行ったのは。その間、このあたりのラーメン屋さんは変化が少なくていいのやら悪いのやらよくわかんない。大きな変化というと駅前食堂が移転してしまったことくらいかなあ。あとは福しんの進出。その中でRYOMAだけは高田馬場に支店をだしたり(もう閉めてる)、栄楽の跡に新店舗をだしたりと活発な活動を継続している。
 肩書きは立派だけど実際にはあまりぱっとしない塩らーめんが売りだったような記憶があるけど、僕はあまり好きではなくて周辺の他の店に行ってるのだけど、郵便局に行った帰りにふとたまには行ってみようかと、中へ。高田馬場で出していたトマトラーメン、それに煮干し系のラーメンなどラインナップが増えていた。
 そんなにお腹が減っていなかったので、ラーメンを注文せずに油そばを頼んでみた。お腹が減っていなくても麺の増量無料なので中盛りを注文してしまうところが悲しい性というか、、。出てきた油そば。ぐるっと混ぜて食べ始めるとまずまず旨い。まあ油そばという食べ物、大阪王将の社長が『まずい油そばなんてないねん(マネーの虎)』っていいそうなくらいに不味く作るのは難しいのだろうけど、変な小手先がついてなくてなかなか。
 そしてラー油と酢を投入するとこれがびっくりするくらいに味がまとまって美味しかった。これは今後も食べてしまうかも。


by atsushisaito | 2017-02-16 12:33 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

がんこ一徹@新井薬師

c0016177_2228277.jpg

 普通盛りだと、麺の量が少なすぎるなあ。汁にはたっぷりともやしが入っているから割とボリュームはあるけど。麺量をフレキシブルにするといいんじゃないかと。魚介系のつけ麺。パッとしない外観だが、実は堅実に美味しいお店。接客も相変わらずいい。
by atsushisaito | 2017-02-08 12:26 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

福しん@新井薬師

c0016177_2213746.jpg

 よく新井薬師の郵便局に行くのだけど、帰りになんとなく口寂しい時に行ってしまう福しんでまさかの味噌バターラーメン。味噌がいいなあ、と思ってメニューを見たときにバターの文字が目に飛び込んできてしまった。普段、味噌バターって食べないんだけど。
 思ってたより大きいブロックのバターがのってきて迫力がある。福しんの味噌ラーメンはもともと好きなので、最初はバターを溶かさずに。しっかり野菜を炒めてそこにスープを注ぐ札幌方式の味噌ラーメンで福しんの麺メニューの中でも550円という高額なのも頷ける味。
 さて、これにバターを溶かしこむとどうなるのだろう、と汁に沈ませてみると、まあ不味くなるわけはなく想像の範疇内で美味しい味噌バター。ただ、やはりバターというアイテムの旨さが強すぎる。ラーメン屋で味噌バターを食べない理由は、あまりにもバターでスープの味が画一化してしまうという先入観が強く、実際食べてみるとやはりそうで、でも美味しいことに違いないわけでなんだか複雑な気持ち。
 しかしこれってマーガリンじゃないのだろうか。スープに溶け込むスピードが速かったけど。。。
 
by atsushisaito | 2017-01-14 12:11 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

丸長@新井薬師

c0016177_2246442.jpg

 ふと丸長に入ってみると、新メニューとしてしおらーゆつけそばの貼り紙が。この店は変わらないことをよしとしているのかと思っていたので、新メニューは意外に感じた。ラー油を使っているが咽せないやさしい味わいだそうなので、注文。
 ずるっと麺を啜ってみると盛大に咽せてしまった。どうも加齢を重ねていく過程で咽せるハードルがどんどんと低くなっている気がする。スープは確かにやさしいといえば、優しい味わい。というのも玉ねぎの甘さがアクセントになっていて、もともと強い主張をするスープではないので、まろやかな甘みとラー油が折り重なる味わい。だからといって旨いというわけでもなく、残念ながら丸長の特徴でもある麺の良さに負けてしまっていて、つけ麺としては小手先なものに感じてしまった。でもこの力の入っているのか入ってないような緩い感じは好み
 西武線の地下化で丸長の入っているビルも取り壊されてしまうと、新井薬師の町の雰囲気もがらっと変わってしまうのだろうなあ。その頃も駅のすぐ側に丸長があればいいなと思いつつごちそうさま。
by atsushisaito | 2017-01-02 12:44 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

富士そば@新井薬師

c0016177_2131322.jpg

 富士そばでもり蕎麦の2玉盛り。なんていうか富士そばは普通の汁ありのものこそ真骨頂で、こういうタイプだとダメな部分が強調されてしまっていまいち。
by atsushisaito | 2016-12-27 12:27 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

富士そば@新井薬師

c0016177_23264346.jpg

 赤富士そば。ちょっぴり辛い肉蕎麦でした。
by atsushisaito | 2016-12-11 12:26 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

家宴@新井薬師

c0016177_20353754.jpg

c0016177_20355733.jpg

 バンバンジーにキクラゲ玉子。
by atsushisaito | 2016-11-16 12:34 | 飯@新井薬師 | Comments(0)