カテゴリ:飯@新井薬師( 465 )

うた@新井薬師

c0016177_08390345.jpg
 以前から蕎麦が食べられるお店であることは認識していたのだが、蕎麦とハーブティーのお店ということと、外観からして蕎麦というよりはカフェの方のウエイトが重いお店なのかと思っていた。なので、ちょっと軽く一杯っていう時には選択に入らなかったし、お昼に蕎麦を食べるか、という時にもやはりカフェ風なところが『お昼ご飯』といった時の選択に入らなかった。
 たまたま歩くのが億劫だ、という人を連れていたので中野まで歩くのもなんだし、近くでなにか食べようとなったので、そういえば蕎麦が食べられるお店がある、とお店へ。中は手作り感覚のカフェという感じだが、店に入るなり鰹節の香りがふうわり。意外といいかも、ともりそばを注文。
 薬味が本わさびだったので、これまた期待が高まった。そして綺麗に盛り付けられた蕎麦が登場。この日は産地の詳細は忘れてしまったが、北海道のもの。汁につけて食べてみるとなかなかに良い食べ心地。ただ汁がちょっと弱さを感じたり。もっと強くてもいいかなあ。まあ人それぞれの好みかと思うけれど、あたりが弱いような。
 でも軽く一杯飲める感じではあるので、次回は蕎麦前から始めて、また蕎麦を食べたい。

by atsushisaito | 2017-04-17 12:38 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

五香菜館@新井薬師

c0016177_00201725.jpg
 五香菜館でタンメン。だんだんと営業時間が短くなってきてしまっていて、ここでラーメンを食べられる時間も残り少ないのかも。


by atsushisaito | 2017-04-12 12:20 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

中野苑@新井薬師

c0016177_23331212.jpg
c0016177_23332318.jpg
c0016177_23331413.jpg
c0016177_23335145.jpg
 すこし臨時収入が入ったので、帰り道に一人焼肉。ロースターで煙もくもくの中野苑。上タン、上カルビ、上ロースを注文して生ビール。サービスのもやしから始める。ちなみにここは定食というメニューがあり、お一人ならそれで一杯やるのもいい。
 まずはタンから。すごく美味いわけでもないが、いい感じの肉厚さで美味しく味わえる。徒歩数秒のところに新井薬師が誇る肉屋のニシジマがあるので、タンみたいにシンプルに味わうのであれば、ニシジマで購入する方がリーズブルなのかも。
 ただし、肉の場合は油の問題もあって家で美味しく焼くのはなかなか難しい。特にニシジマで売ってるようなA5ランクのような脂のサシが入っているような肉を家で美味しく焼くのは至難の技。
 ここで中野苑が活躍する場面が登場する。ほどほどにいい肉をロースターで煙もくもくで焼く。食べる。ビールで油を流し込む。この一連の作業を円滑に行うにはお店で食べるしかない。煙にまみれながら肉を喰らい生ビールを飲み干す。なんとも単純な作業であるが、生きているという感じがする。
 ただし、ロース。焼肉においてロースという存在は果たして正義なのだろうか。高額な立ち位置にいるロースを値段なりに美味しいと思ったことがない。この2017年ロース問題には今年度中に答を出して生きたいと思った。


by atsushisaito | 2017-04-03 12:32 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

福しん@新井薬師

c0016177_22512670.jpg
 マルエツが冷凍食品にTポイントを大盤振る舞いするので、しばらく冷凍食品のチャーハンをチンする日々だったので、なんだか火で煽られた焼き飯が食べたくなって福しん。勢いでハイコストパフォーマンスを誇るおともラーメン。
 旨し。


by atsushisaito | 2017-03-31 22:55 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

ジャンボ@新井薬師

c0016177_22504135.jpg
c0016177_22503983.jpg
c0016177_22504050.jpg
c0016177_22504055.jpg
c0016177_22504101.jpg
c0016177_22504119.jpg
 新井薬師の四文屋にいた人が近くに出したお店で、僕もなんとなく焼き台にいた店主を見た記憶がある。ビールをいただきまずはマカサラ。マカってなんだろうと思ったらマカロニだった。ハーブのマカを使ったサラダなのかと最初は思ったけど、普通にマカロニ。
 それからモツ焼きを数本いただいてからホッピーに。そういえば四文屋にはホッピーなかったなあ。つまみにニラの辛い和え物。そしてハムカツ。しっかりと厚いハムを揚げていてこれは美味い。中をおかわりしてからモツ煮。こちらは四文屋のこってりどろどろのモツ煮とは違って真逆のあっさりタイプ。
 最後にピーマンの肉巻き。この肉巻きには何種類かあるのだけど、他のモツ焼きに比べてちょっと割高なんだなあ。手間がかかるのはわかるけど。1品の量が少なめなのは、なるほど飲み助の気持ちをわかっているな、と理解できる。
 ゆるくまったりな雰囲気なので、仕事からの帰りには四文屋ではなくてこちらに寄りたくなる時があるから、選択肢としてうまく両方を使いわけていきたい。


by atsushisaito | 2017-03-30 23:14 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

丸長@新井薬師

c0016177_23344933.jpg
 そういえば意外と大盛りを注文したことなかったのでは、と大盛りのつけそばを注文してみると普通盛りから一気に大盛り。ああ、一度か二度は注文したことある代物だった。麺そのものは美味しいのだけど、汁が弱い新井薬師丸長では、この大盛りの麺はあまりアドバンテージにならず。後半ちょっとしんどくなるんだよなあ。
 ただし、前半のこんなに丸長よかったっけ?感は強くてぐいぐいずるずる麺を食べることができる心地よさは格別なんだけど、普通盛りから一気に量が増えすぎて終盤のダレを強く感じてしまう。あとなんだろうなあ、スープのざらっとした感じ。なんかテクスチャーを感じてしまうのだけど、それは最後までわからなかった。
 なんかもう少しなにかの針を振り切ることができれば、行列店になるのではと思う。

by atsushisaito | 2017-03-10 12:34 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

富士そば@新井薬師

c0016177_11042980.jpg
 この日のかけ蕎麦はなんだか美しく見えた。


by atsushisaito | 2017-03-03 12:01 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

bun吉@新井薬師

 
c0016177_21272997.jpg
 いままで裏メニュー的であったカツカレーがその日のランチメニューに!新井薬師で洋食というとbun吉という不動の地位を築きつつある。店主の腰の曲がり方が気になるが。大丈夫かな、、、。



by atsushisaito | 2017-02-24 21:36 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

RYOMA本店@新井薬師

c0016177_23074847.jpg
 随分とご無沙汰というか10年くらい前なのかな、前回行ったのは。その間、このあたりのラーメン屋さんは変化が少なくていいのやら悪いのやらよくわかんない。大きな変化というと駅前食堂が移転してしまったことくらいかなあ。あとは福しんの進出。その中でRYOMAだけは高田馬場に支店をだしたり(もう閉めてる)、栄楽の跡に新店舗をだしたりと活発な活動を継続している。
 肩書きは立派だけど実際にはあまりぱっとしない塩らーめんが売りだったような記憶があるけど、僕はあまり好きではなくて周辺の他の店に行ってるのだけど、郵便局に行った帰りにふとたまには行ってみようかと、中へ。高田馬場で出していたトマトラーメン、それに煮干し系のラーメンなどラインナップが増えていた。
 そんなにお腹が減っていなかったので、ラーメンを注文せずに油そばを頼んでみた。お腹が減っていなくても麺の増量無料なので中盛りを注文してしまうところが悲しい性というか、、。出てきた油そば。ぐるっと混ぜて食べ始めるとまずまず旨い。まあ油そばという食べ物、大阪王将の社長が『まずい油そばなんてないねん(マネーの虎)』っていいそうなくらいに不味く作るのは難しいのだろうけど、変な小手先がついてなくてなかなか。
 そしてラー油と酢を投入するとこれがびっくりするくらいに味がまとまって美味しかった。これは今後も食べてしまうかも。


by atsushisaito | 2017-02-16 12:33 | 飯@新井薬師 | Comments(0)

がんこ一徹@新井薬師

c0016177_2228277.jpg

 普通盛りだと、麺の量が少なすぎるなあ。汁にはたっぷりともやしが入っているから割とボリュームはあるけど。麺量をフレキシブルにするといいんじゃないかと。魚介系のつけ麺。パッとしない外観だが、実は堅実に美味しいお店。接客も相変わらずいい。
by atsushisaito | 2017-02-08 12:26 | 飯@新井薬師 | Comments(0)