カテゴリ:飯@新宿区( 211 )

上海小吃@歌舞伎町

c0016177_11485992.jpg
c0016177_11490074.jpg
c0016177_11490057.jpg
c0016177_11490185.jpg
c0016177_11490139.jpg
 歌舞伎町では有名な中華の上海小吃。店のチャイナテイストも凄いのだが、店がある路地がこれまたなんとも香ばしくて、東京にいたら一度は行きたいお店の一つであることに間違いはない。
 写真集飲み会がまだ『美味しいものを食べる会』であったころの年末に忘年会みたいな感じで上の階のフロアを貸切にしてもらったことがある。懐かしい。味の素が強すぎるのがちょっとあれだが、まあ雰囲気込みで面白いお店。


by atsushisaito | 2017-02-17 12:46 | 飯@新宿区 | Comments(0)

博多天神@歌舞伎町

c0016177_14154423.jpg

 もはやソウルフードでもあるなあ。美味い不味いの次元じゃない。いつもは替玉してから辛子高菜を投入するのだが、堪えきれずに最初から投入してしまった。
 
by atsushisaito | 2017-01-16 12:15 | 飯@新宿区 | Comments(0)

博多一瑞亭@新宿御苑前

c0016177_23491657.jpg

 新宿御苑前駅の御苑寄りの出口の階段を登るとすでに漂ってくる豚骨臭をまき散らしてる対岸のお店が気になっていたので、今回行ってみた。この日は駅の方向には臭いは漂っていなくて、近くを歩いてみると御苑方向に臭いの方向が変わっていた。
 玉子のトッピングのラーメンと替え玉の食券を買って席に。ちょうど千円。キクラゲもトッピングしたかったけどメニューになかったなあ。博多のラーメンにしては少し待って登場したのは泡立つスープの水面が美味そうな豚骨スープ。博多の一幸舎なんかは、このスープの泡を一押しでこれがあるラーメンが本物的な感じで売ってる。
 実際、一幸舎ばりの美味さの豚骨ラーメンで、博多で食べたラーメンと遜色ない旨さ。
  替え玉では辛子高菜を投入。紅ショウガはなくて酢漬けのしょうがが卓上に。味変としてはなかなか面白かった。
by atsushisaito | 2016-12-17 12:48 | 飯@新宿区 | Comments(0)

らーめん香月@高田馬場

c0016177_01189.jpg

 恵比寿の香月といえば背脂ブームの時には凄くて、でもその頃には東京にいなくてよくわからないのだけど、まだ僕が恵比寿のクラブあたりをうろうろしていた2000年代にも香月は現役で、吉野家か香月っていうくらいにお世話になってた記憶がおぼろげにある。
 気付けば恵比寿のお店は閉店したみたいだけど、また近頃、この味を利用したフランチャイズみたいなのが展開しているようで、このお店もそんな感じ。トナリが早期撤退するくらい場所は良くないのだけど。高田馬場は意外と駅近くのラーメン屋が少ないんだよな。ふらふら歩いて店にいき醤油ラーメンの食券を購入して席へ。いわゆるワンオペで食べた後の丼は上げてくれとのマニュアル。こういうの嫌いなんだよなあ。でも店の人が一人だからしょうがないか。
 出てきた丼が大きくてびっくりした。ライスか大盛り無料できると言われたけどしなかった。後から来たおじさんたちも普通。まあでも近くの大学生達には嬉しいのかな。850円と高めだけど。たっぷりのスープは脂の甘みと化調の甘みで、こういうのも回顧的でありだなあという味わい。細麺がまたこのスープにフィッットする。なんだか取り憑かれたように汁を啜ってしまったけど、次第にしょっぱいなあと手が止まった。美味しいものはしょっぱかったりカロリーがあったりするものだなあ、と再認識。
by atsushisaito | 2016-12-16 12:00 | 飯@新宿区 | Comments(0)

もり@高田馬場

c0016177_23293486.jpg

c0016177_2330416.jpg

 高田馬場では有名な蕎麦屋さん。駅からは少しあって、どちらかというと西早稲田に近いのかも。カウンターと少しのテーブルの小さいお店。注文は3色蕎麦。その日の変わり蕎麦、せいろ、田舎の三種類。
 まず最初に変わり蕎麦が。なんとシナモン蕎麦。名前の通り、シナモンの香りがしてこれはこれで美味しいなあ、と思った。汁との組み合わせも良く。ただ、意外にもけっこう量が多い。まだ食べ終わる前ににせいろが登場。あわわともたもたしてる間になんとかシナモンを食べ終えると田舎が登場。
 さすがに茹でた蕎麦を放置しているわけにもいかなく、急いで食べたわけだけど、しっかりと味わえなかったなあ。ランチの休憩直前だったからか。汁はけっこう甘めだったなあ。
 
by atsushisaito | 2016-12-13 12:28 | 飯@新宿区 | Comments(0)

台南担仔麺@新宿

c0016177_23225776.jpg

 前から気になっていた台湾料理屋でランチ。中に入るとやはり夜でもいろいろ美味しく食べられそうなメニューが並んでいた。むしろ夜が本番な感じ。注文したのは麻醤麺という汁なしの麺料理の定食。
 登場したのは麺にスープ、サラダ、漬け物、一口ご飯に甘味。この一口ご飯が、なんか少なすぎて異彩を放っていた。麺はもっとマーが強い感じかと思っていたけど、まろやかな胡麻風味が先行の麺だった。これはこれで美味しい。大人しい味付けも台湾らしいといっていいのかな。
 甘味を食べている途中でその器を残して、全部を下げてしまったり混んでないのにそんな必要あるのかな、というらしさは散見されたけど、まあそれはそれでいいか、と。お会計もお安くてよかった。シュウマイを別注で注文しようとしたら蒸すのに20分かかるといわれた。また来ないといけないな、と思いつつお会計。
by atsushisaito | 2016-12-12 23:22 | 飯@新宿区 | Comments(0)

箱根そば本陣@新宿駅

c0016177_21231486.jpg

 本陣で冷やしのめかぶ蕎麦。
by atsushisaito | 2016-11-21 12:21 | 飯@新宿区 | Comments(0)

満来@新宿

c0016177_20495413.jpg

 満来というと東京にでてきてからずっと付き合いがあって、そばのエルタワーにあるニコンサロンで展示してた時にはそれこそ毎日いって食べていた。一度閉店して、近くに満来で働いていた人が「ほりうち」を出店するなど、そこからいまだ勢力争いのような混迷を極めているような感がある。先日そのほりうちに行ったから、今日は満来、ということで行ってみた。
 普通のつけそばを食べて帰ろうと券売機に千円をいれてから気付いたが、普通のつけめん、いわゆる「ざる」が千円。。。。高い。ほりうちでも850円だけど、千円は高い、、、、。少しほりうちよりオイリーなつけ汁が最初に登場、しばらくしてから麺。この流れはほりうちと同じ。
 微妙なところではいろいろ違うけれど、でもそれでも数十メーター隣のほりうちとのこの価格差はなあ、、、。
by atsushisaito | 2016-11-18 12:48 | 飯@新宿区 | Comments(0)

プロヴァンサル@西武新宿

c0016177_1992376.jpg

c0016177_1993775.jpg

c0016177_1994811.jpg

c0016177_1910192.jpg
c0016177_19101912.jpg

 立ち飲みフレンチ。
by atsushisaito | 2016-11-08 12:06 | 飯@新宿区 | Comments(0)

チャオカリー@新宿

c0016177_2265610.jpg

 高田馬場の夢民が閉店してから、そのレシピを購入したのかフランチャイズ的にあちこちにできたチャオカリー。食べるのは初めて。提供する前に調理するので野菜の食感が残っている一風変わった味わいのカレーだった。
 朝の打ち合わせが終わった後に、ふらふらしていたらこの店が目に入ったので中へ。違う店なんだけど、なんだか懐かしいなとわくわくしながらベーコンエッグカレーを注文。もう全然記憶がないのだけど、カレーが登場。こういう感じだったような気もしないなあ、と思いつつ食べた。
 う~ん、たぶんこういう味だったような。でも今食べてる感想としてはパンチが全然ないな、と。マイルドすぎる。これは辛さを足していけば解決するのかな。でもかつての夢民のカレーはもっとわくわくしてたような気がする。記憶との乖離が大きくて、それだけ年をとってしまったのかなあ。
 ちなみに本家はお台場で復活しているそう。
by atsushisaito | 2016-10-29 22:06 | 飯@新宿区 | Comments(0)