カテゴリ:飯@新宿区( 215 )

博多天神@歌舞伎町

c0016177_22344291.jpg
 辛子高菜をブーストした博多天神は本当に旨い。


by atsushisaito | 2017-05-10 12:43 | 飯@新宿区 | Comments(0)

天府舫@新宿

c0016177_23324743.jpg
c0016177_23324973.jpg
 新宿で四川料理。けっこう容赦のない辛さの連続で、皆の箸がなかなか進まなかった。。。。
c0016177_23324484.jpg
 二件目に老舗の酒場 バガボンドで。


by atsushisaito | 2017-04-23 12:27 | 飯@新宿区 | Comments(0)

シェフス@新宿御苑前

c0016177_21175854.jpg
c0016177_21180071.jpg
 シェフス出身の料理人のお店が注目される昨今、その本丸にいざ。電話で予約する時にコースをお願いしたのだけど、一番安いのより千円足したものがいろいろ食べられてデザートもついてお薦めとのことなので、それをお願いした。
 新宿御苑から外れた方に少し歩いた場所で、あまり立地はよくない。小さいお店だけど、中華料理っていう感じはしない。まずは最初にビールをもらってからスタート。最初に赤ピーマンのマリネ。肉厚で美味い。そして魚の揚げもの(なんだっけな、、、、)。詳細は忘れてしまったのだが、最初からけっこうなペースで出てきた感じ。
 その後はゆっくり。黄ニラと干し豆腐の和えもの、春巻きなどなど。海老の焼きものも美味しかった。海老の出汁とご飯を絡めたものが、とてもよかった。この間、紹興酒をがぶ飲み。そしてうに豆腐。うに好きとしてはふおおおっと思ったのだが、それほどウニ感はなくちょっとがっかり。美味しいけれど、あるものがないとわかった時の失望感でマイナス。
 あとはラーメン、最後にデザート。他にもいろいろ出たような気がするけれど、飲んでたので忘れてしまった。自分の財布で行くにはちょっと高いお店だけれど、ハレの日にいい感じに使える中華。


by atsushisaito | 2017-04-20 12:17 | 飯@新宿区 | Comments(0)

ほりうち@新宿

c0016177_08094941.jpg
 特別僕は満来やほりうちのどちらかを贔屓しているわけではない。満来の分裂の流れは承知しているがさほど興味もないし、そしてことさらに美味いラーメンでもない。実際の話。ただ、僕にとっては『昔懐かしい東京の味』であることは確かだ。
 東京で最初に食べたラーメンは博多天神のそれで、大学生の頃に豚骨ラーメンにはまってわざわざ青春18切符で福岡県まで行った僕にはなんともダメな感が満載の博多天神のラーメンではあった。だけどもそのダメさすぎる感に心をしっかりと鷲掴みされて以来、今でもたまに食べるわけなんだけど、この満来の味も東京で初めて個展をした際に、ギャラリーからすぐ行ける距離にあるラーメン屋さんで、半ば仕方なしにお昼に食べていたラーメンなのだ。
 当時、といってもさほど昔ではないけれど、満来はあまり店員の態度はよくなかったような記憶がある。今の店舗になってからは全くそんなことはないのだが。なので、満来が一時閉まった時にすぐそばに開店したほりうちには旧来の満来にはない丁寧さがあるな、と思えた。
 満来が紆余曲折後に今の場所に再オープンとなり、ほりうちと至近距離で同じ味を出す店が並んでしまったことになったのだが、僕は気分というか、空いてる方を選ぶようにしている。すると必然的にほりうちの方に行くことになるのだが。。。
 ここまで前置き。。。。で、メンマざる(らーめん)を注文。けっこうな量だなあ、このやる気のない麺がいいんですよ、って汁につけて口に運んだら必要以上に暖かい。普通のつけ麺を食べる時とは明らかに麺の温度が違う。いやいや、最初だから汁が熱いんだよ汁が、と再度試すもやはり、、、、。
 まさかな、と思い麺だけを啜ると、暖かい!ちょっと水での締め方が弱かったのかなあ、ともう一度麺だけ食べてみると、これはさすがにないでしょ、ってなった。これ、熱盛り。一度締めた麺をもうお湯で温めて出してる。
 そもそもほりうちの麺は細めだし、熱で食感はふにゃふにゃだし、にんともかんとも。これって熱盛りになってません?って何度も聞こうと思いつつも勇気でず。16時くらいのまばらな客入りで間違えようはないだろうし、こっちがおかしいのかと自問自答を繰り返しながら麺は少し残して、スープ割だけしてもらった。スープ割美味い。
 家に帰ってからそもそもほりうちが熱盛りをしているのかどうか調べてみると、やってない、って書いているところもあるし、やはり悶々としてしまう。
 

by atsushisaito | 2017-04-15 12:56 | 飯@新宿区 | Comments(0)

上海小吃@歌舞伎町

c0016177_11485992.jpg
c0016177_11490074.jpg
c0016177_11490057.jpg
c0016177_11490185.jpg
c0016177_11490139.jpg
 歌舞伎町では有名な中華の上海小吃。店のチャイナテイストも凄いのだが、店がある路地がこれまたなんとも香ばしくて、東京にいたら一度は行きたいお店の一つであることに間違いはない。
 写真集飲み会がまだ『美味しいものを食べる会』であったころの年末に忘年会みたいな感じで上の階のフロアを貸切にしてもらったことがある。懐かしい。味の素が強すぎるのがちょっとあれだが、まあ雰囲気込みで面白いお店。


by atsushisaito | 2017-02-17 12:46 | 飯@新宿区 | Comments(0)

博多天神@歌舞伎町

c0016177_14154423.jpg

 もはやソウルフードでもあるなあ。美味い不味いの次元じゃない。いつもは替玉してから辛子高菜を投入するのだが、堪えきれずに最初から投入してしまった。
 
by atsushisaito | 2017-01-16 12:15 | 飯@新宿区 | Comments(0)

博多一瑞亭@新宿御苑前

c0016177_23491657.jpg

 新宿御苑前駅の御苑寄りの出口の階段を登るとすでに漂ってくる豚骨臭をまき散らしてる対岸のお店が気になっていたので、今回行ってみた。この日は駅の方向には臭いは漂っていなくて、近くを歩いてみると御苑方向に臭いの方向が変わっていた。
 玉子のトッピングのラーメンと替え玉の食券を買って席に。ちょうど千円。キクラゲもトッピングしたかったけどメニューになかったなあ。博多のラーメンにしては少し待って登場したのは泡立つスープの水面が美味そうな豚骨スープ。博多の一幸舎なんかは、このスープの泡を一押しでこれがあるラーメンが本物的な感じで売ってる。
 実際、一幸舎ばりの美味さの豚骨ラーメンで、博多で食べたラーメンと遜色ない旨さ。
  替え玉では辛子高菜を投入。紅ショウガはなくて酢漬けのしょうがが卓上に。味変としてはなかなか面白かった。
by atsushisaito | 2016-12-17 12:48 | 飯@新宿区 | Comments(0)

らーめん香月@高田馬場

c0016177_01189.jpg

 恵比寿の香月といえば背脂ブームの時には凄くて、でもその頃には東京にいなくてよくわからないのだけど、まだ僕が恵比寿のクラブあたりをうろうろしていた2000年代にも香月は現役で、吉野家か香月っていうくらいにお世話になってた記憶がおぼろげにある。
 気付けば恵比寿のお店は閉店したみたいだけど、また近頃、この味を利用したフランチャイズみたいなのが展開しているようで、このお店もそんな感じ。トナリが早期撤退するくらい場所は良くないのだけど。高田馬場は意外と駅近くのラーメン屋が少ないんだよな。ふらふら歩いて店にいき醤油ラーメンの食券を購入して席へ。いわゆるワンオペで食べた後の丼は上げてくれとのマニュアル。こういうの嫌いなんだよなあ。でも店の人が一人だからしょうがないか。
 出てきた丼が大きくてびっくりした。ライスか大盛り無料できると言われたけどしなかった。後から来たおじさんたちも普通。まあでも近くの大学生達には嬉しいのかな。850円と高めだけど。たっぷりのスープは脂の甘みと化調の甘みで、こういうのも回顧的でありだなあという味わい。細麺がまたこのスープにフィッットする。なんだか取り憑かれたように汁を啜ってしまったけど、次第にしょっぱいなあと手が止まった。美味しいものはしょっぱかったりカロリーがあったりするものだなあ、と再認識。
by atsushisaito | 2016-12-16 12:00 | 飯@新宿区 | Comments(0)

もり@高田馬場

c0016177_23293486.jpg

c0016177_2330416.jpg

 高田馬場では有名な蕎麦屋さん。駅からは少しあって、どちらかというと西早稲田に近いのかも。カウンターと少しのテーブルの小さいお店。注文は3色蕎麦。その日の変わり蕎麦、せいろ、田舎の三種類。
 まず最初に変わり蕎麦が。なんとシナモン蕎麦。名前の通り、シナモンの香りがしてこれはこれで美味しいなあ、と思った。汁との組み合わせも良く。ただ、意外にもけっこう量が多い。まだ食べ終わる前ににせいろが登場。あわわともたもたしてる間になんとかシナモンを食べ終えると田舎が登場。
 さすがに茹でた蕎麦を放置しているわけにもいかなく、急いで食べたわけだけど、しっかりと味わえなかったなあ。ランチの休憩直前だったからか。汁はけっこう甘めだったなあ。
 
by atsushisaito | 2016-12-13 12:28 | 飯@新宿区 | Comments(0)

台南担仔麺@新宿

c0016177_23225776.jpg

 前から気になっていた台湾料理屋でランチ。中に入るとやはり夜でもいろいろ美味しく食べられそうなメニューが並んでいた。むしろ夜が本番な感じ。注文したのは麻醤麺という汁なしの麺料理の定食。
 登場したのは麺にスープ、サラダ、漬け物、一口ご飯に甘味。この一口ご飯が、なんか少なすぎて異彩を放っていた。麺はもっとマーが強い感じかと思っていたけど、まろやかな胡麻風味が先行の麺だった。これはこれで美味しい。大人しい味付けも台湾らしいといっていいのかな。
 甘味を食べている途中でその器を残して、全部を下げてしまったり混んでないのにそんな必要あるのかな、というらしさは散見されたけど、まあそれはそれでいいか、と。お会計もお安くてよかった。シュウマイを別注で注文しようとしたら蒸すのに20分かかるといわれた。また来ないといけないな、と思いつつお会計。
by atsushisaito | 2016-12-12 23:22 | 飯@新宿区 | Comments(0)