roshin books

c0016177_23382607.jpg
Record of Creation by Noguchi Rika
c0016177_15594467.jpg
Afterword 2nd edition by Fukase Masahisa
http://roshinbooks.com/pg24.html

c0016177_08163313.png
Untitled by Shin Yanagisawa
http://roshinbooks.com/shinyanagisawa.html
c0016177_08140499.png
Go to become by Jörgen Axelvall
http://roshinbooks.com/gotobecome.html

c0016177_11544730.jpg

Afterword by Masahisa Fukase
http://roshinbooks.com/afterword.html

c0016177_2155026.jpg

North Point by Hiroyasu Nakai
c0016177_12444867.jpg

Wonderful Days by Masahisa Fukase
c0016177_11125176.jpg

KUMOGAKURE ONSEN : Reclusive Travels by Masakazu Murakami
c0016177_2314052.jpg

Stakeout Diary by Yukichi Watabe
c0016177_15154227.jpg

Go there by Gen Sakuma
c0016177_18523820.png


roshin booksやってます。
roshin books

# by atsushisaito | 2017-12-30 20:49 | 写真集 | Comments(2)

幸来軒@新潟県上越市

c0016177_20375229.jpg
 上越妙高駅からレンタカーで直江津に向かう途中にラーメンが食べたくなったので、どこかないかと調べてみたら老舗っぽくてかつ営業日が週に4日間というちょっとレアキャラっぽいので、こちらの幸来軒に決めて車を走らせた。団地とかがあるような場所にポツンといい感じに鄙びた感じの雰囲気で佇んでいた。商店街が近くにあるという訳ではないけど、すぐ近くに高田公園があるから、けっこうお客さん来るのかな。この時はカウンターに数人だった。
 注文はラーメン。小盛りがあるのが嬉しい。なので小でお願いした。登場したラーメンの汁を啜ってまず思ったのは、寒い国のラーメンだということ。スープが熱い、そして冷めない。寒い時に食べたかったな、思いつつ食べ進めた。タレの醤油はかなり弱め。麺はあまり中華麺って感じではないなあと。今流行りの豚骨清湯系のラーメンだと思えばけっこういける。 

# by atsushisaito | 2017-09-23 12:37 | 飯@23区外 | Comments(0)

日高屋@中井

c0016177_19535215.jpg
 日高屋でえび辛とんこつつけ麺。エビ感は出ているものの、あまりインパクトなし。日高屋でスープ割ってできるのだろうか。
# by atsushisaito | 2017-09-22 12:51 | 飯@中井 | Comments(0)

魚津マンテンホテル

c0016177_23310677.jpg
c0016177_23305576.jpg
 マンテンホテルという北陸のホテルグループなのだが、意外と東京では知られていないのではないだろうか。誰かにマンテンホテルを説明するときにとても適切な言葉が、ドーミーインみたいなホテルという説明。本当になにかしらの資本提携があるのではないだろうか、というほどに内容が似ている。
 上質な大浴場、夜の支那そばのサービス、部屋もビジネスホテルにいい。ここ魚津に関してはレセプションのサービスが良くて魚津の美味しい水も飲める。コーヒーも。ただやはりドーミーインという牙城は高くて、古い開業のドーミーインには負けないものの新規開業のドーミーインにはどうしても劣る。
 しかし、大浴場に限っていえばこれがどうしてなかなか素晴らしい。ここ魚津は大浴場の窓がカーテン式(っていうのか知らないけど)に全面に解放されるので、内湯も半外湯状態。ドーミーインと比べてないものはドーミー文庫がないことくらいかなあ。意外と ホテルで読む漫画って楽しいのだけど。マンテン文庫も作って欲しい。
 夜の無料サービスの支那そばははっきりいって不味い。ドーミーインの夜鳴きそばが旨い訳ではないのだが、本当に不味い。無料だからつい食べてしまうのだけど、食べた後に後悔するレベル。朝食は品数はそこそこ。大抵二日酔いなので、ホテルの朝食の盛り付けはいつも貧相になってしまうけれど、ビジネスホテルにしては悪くない。富山の名物も押さえている。
 ドーミーインがない場所ではかなり優先順位が上がるのだけど、ただ北陸なので高岡や敦賀などあまり行かなそうなとこにあるので、次どこかに行けるかというと難しい、、、。富山や金沢にもあるけど、そうなると他にいい選択肢が出てきてしまうので。まあでもドーミー好きはマンテンのことは覚えておいて損はないかと。



# by atsushisaito | 2017-09-21 12:30 | 飯@23区外 | Comments(0)

南海そば@大阪府大阪市

c0016177_23543367.jpg
c0016177_23543799.jpg
 南海そばには高校生の頃からお世話になっているのだが、大阪に帰るたびに舌のリセット的に南海そばで一杯食べる。東京の立ち食い蕎麦の汁に慣れてる人が食べると、味がしないと驚くぐらいにその性質が西と東で違いが顕著な蕎麦の汁。今回も大阪の実家に立ち寄った際に食べたけど、ムムム。。。美味い。美味すぎる。こんなに出汁の旨味が出てたかなあ、と驚いた。次の日にもまた食べたが、店員が扱う汁のサーバーに出汁の抽出に特化した部分が見えて、かなり味の面で進化しているのではないだろうか、と思った。だから後日食べた汁なしの方は普通な感じで良さがなかった。
# by atsushisaito | 2017-09-20 12:01 | 飯@23区外 | Comments(0)

ねんじり亭@富山県魚津市

c0016177_22591904.jpg
c0016177_22593041.jpg
c0016177_22593411.jpg
c0016177_22593870.jpg
 太田和彦本に掲載されているねんじり亭。外から中の様子が窺えないので満席かどうかわからず、しばらく外でもじもじした後に覚悟を決めて中へ。小さいながらもとても落ち着いた雰囲気。店主に一人なのですけど、と伝えると少し考え込んでから、どうぞと店主の前のカウンター席に案内された。時間が遅かったからかもしれない。
 店主の背後に食器棚があり、神経質に開けたり閉めたりしている様を見て、ちょっと怖い人なのかなあと思った。お酒は勝駒。火入れをしていない生。随分と安いなと思ったら、まあ量もそれなり。でも色々と飲む分にはこれくらいがちょうどいいかな。落としは10品くらいなのから好きなのを2つとる。エシャロットに塩辛。
 注文はキジハタの刺身。ここでは刺し盛りがいいみたいなのだが、そんなに食べられなさそうだったので。お隣の刺し盛りをちらっと見ると全部白身。何がなんだかさっぱりわからないが、楽しそうだったなあ。勝駒は早々になくなったので、この店オリジナルの旨酒ねんじりを。300mlのラベルのない瓶に入っていて、最初の一杯を店主が注いでくれた。勝駒好きなんですか?と話しかけてくれて、緊張が少しやわらいだ。
 この酒旨いなあと刺身をいただく。あともう一品ということでゲンゲの天ぷらをお願いした。するすると刺身を食べ終わる頃に酒が空いたので、もう一本旨酒ねんじりを注文。食器棚の中に太田和彦の百名居酒屋に登場する百名盃があったので、あれは番組のですねーとお話しすると、これで飲みます?となんと百名盃でお酒を飲ませてくれた。ゲンゲの天ぷらも美味しく、気分良くお会計をしてもらった。最初の印象と最後の店主の印象がガラッと変わったなあ。もし魚津に来ることがあれば、1軒目から行こうと思ったり。

# by atsushisaito | 2017-09-19 12:59 | 飯@23区外 | Comments(0)

吉野家@中野

c0016177_23041455.jpg
 やっぱり牛丼の王者は吉野家。辛くない吉野家特製の七味をたっぷりふっていただく。生卵も頼めばよかったと食べながら後悔してしまった。


# by atsushisaito | 2017-09-18 12:04 | 飯@中野 | Comments(0)

語り@富山県魚津市

c0016177_23122258.jpg
 魚津の街についてホテルに荷物を置いて酒場に。地元の人が飲みに行くというこのお店を教えてもらったので、ここ「語り」に。意外と奥に長いお店。中に入ると焼肉屋かと思うくらいに何かの肉を焼いている煙でちょっとなあ、と思いつつカウンターに座った。座敷には団体さんがいるみたいで結構騒がしい。別に騒がしいことはいいのだが、注文するときの声が通らなくなってしまうので、しんどい。
 生ビールをもらってお通しを突きつつメニューをみる。あまりそそられるものがない。というのもどうしても観光客目線で見てしまうから、富山の魚津らしいものを食べたいという気持ちが強く、普通に美味しいものより、美味しくなくても地元ならではのものを食べたいという感じ。翻って地元の人の目線では、高くて観光客しか食べないものより、普通に安くて美味いものを日常の居酒屋に求めるものだからどうしても両方を喜ばせるのは難しい。
 イカキムチが名物と黒板に書かれていたので、それを。あとはワラサ(だったかな)の唐揚げを注文した。イカキムチはキムチのタレが辛いというよりしょっぱくて、ギブアップ。レモンサワーを追加して唐揚げを待ったが、刺身が出てきてしまった。やはり注文時の声がうまく通らなかったみたい。まあでも刺身は美味しく(レモンサワーと一緒に食べるものではないが)て、もし地元だったら通ってるのだろうな、と思ういい感じのお店。


# by atsushisaito | 2017-09-17 12:12 | 飯@23区外 | Comments(0)

富紀@富山県富山市

c0016177_22573667.jpg
 ランチに冷麺を。丁寧な盛り付けで普通に美味しいのだが、ちょい物足りなさも。ランチは4種類で、この日はラーメン、あんかけ焼きそば、冷麺そして何種類かの料理が出てくるミニコース的なもの。ラーメンでよかったかなあ。中華屋のラーメンなんだけど、ここのはかなりレベル高い。


# by atsushisaito | 2017-09-16 12:57 | 飯@23区外 | Comments(0)

はし本@中野

c0016177_23013926.jpg
 辛味別皿で。今年、一番行ってるラーメン屋だなあ。近いし美味いし。
# by atsushisaito | 2017-09-15 12:01 | 飯@中野 | Comments(0)