2017年 11月 07日 ( 1 )

大羊飯店@東長崎

c0016177_23031796.jpg
 豊島園のユナイテッドシネマでアウトレイジを見た後に、大江戸線の東長崎で下車。何かいいお店はないかとフラフラしていたら結局どこも決まらずに大羊飯店にピットイン。味のある、という表現が似合うボロボロの外観で中ではおじさんが昼間から一杯やってるような感じなのだけど、意外にも人気なのか次から次へとお客さんが。一瞬扉を開いてこりゃダメだ、と帰っていく人も。
 まあそのわけはとにかく安いっていうことだと思う。ラーメンが350円。チャーハンとのセットで700円。「半」じゃないから。老夫婦でやられていて、丁寧な接客でいい感じ。何十年と値上げしてないんじゃないかなあ。
 まずはチャーハンを一口。これが失礼ながらも意外に美味しく技を感じられる一品だった。家で作る焼き飯とは大きく一線を画していた。ラーメンはまあ、350円という値段から想像できる範囲のもので、美味い不味いという話のものではないが、ここで活躍したのが胡椒。ふだんはあまり使わないこのアイテムが見事に全体の味を締めてくれた。
 新井薬師はこういう個人の中華の店がどんどんなくなっていってしまっているので、近所の人が羨ましくなった。

by atsushisaito | 2017-11-07 12:03 | 飯@豊島区 | Comments(0)