2017年 08月 22日 ( 1 )

四国屋@新中野

c0016177_22523201.jpg

 前回行ったのが9年も前のことみたい、、、、。注文は冷やしうどんにちくわ天。900円と最近のうどん事情に照らし合わせると随分高く感じてしまう。今ははなまるうどんや丸亀製麺みたいなところでもそこそこのものが食べられる上に、丸香やこくわがたのような上位互換のような店も揃っているので老舗で高い店はけっこうしんどい状況。
 席に着くとまず、お漬物が出てくる。うどんが出来上がるまでちょっと摘む感じのもの。店内はうどんだけ食べるというより、なんだか一杯飲んでゆっくりしていく雰囲気。登場したうどんはぶっかけスタイル。醤油をぶっかけるのではなく、出汁がはられている。香川でいうところの『ひやひや』に近い感じでこういう形はけっこう珍しいかも。麺はストロングな感じではなく、しなやかな方、出汁はイリコの風味は抑えめ、ちくわ天はなかなかいい感じ。
 美味しいと思ったけど、やはり昼の一食としてはちょっと高めのイメージは払拭できないなあ。飲みモードだったら全然気にならないんだけど。


by atsushisaito | 2017-08-22 22:42 | 飯@中野 | Comments(0)