2017年 07月 30日 ( 1 )

喜多川@愛知県豊橋市

c0016177_23064771.jpg
c0016177_23064791.jpg
c0016177_23071170.jpg
 新幹線で豊橋駅についてすぐに酒場に向かった。早い時間帯から満席になると聞いていたので足早に駅から向かうとバスロータリーの方からなにやら特殊な美的センスを持ち合わせたオヤジさん達がぞろぞろと。競輪場からの帰りのバスが到着したところで博徒達が降りてきたのだ。なるほど。早い時間帯から酒場が混むわけだ。
 喜多川はいい感じに時という空気を帯びた店内。カウンター内にいるおばあちゃんが優しい。生ビールを注文してからのお通しはオクラ。まずはメニューをつまみにしての一杯。壁にかけられた焼き鳥メニューは一通り揃っていて、多くはないメニューの中にカレーライスや海老コロッケなどもあり、ちょっと不思議。ちなみにメニューには値段なし。
 ダメ元で1本ずつ焼いてくれるかと聞くと大丈夫とのこと。あまり量を食べられないので助かる。注文したのはキモ、セセリ、つくねに砂肝。ちなみに大阪人としてはこのキモという響きがとても好きで生ギモなんて言葉を聞くとジュルッと涎が出そうになる。鰻の焼き方のように地域的な分水嶺があるのか西と東を分ける中間地点でもある愛知あたりから西に行くとキモという地域が増えてくるのかもしれない。まあどうでもいいことだけど。
 そしてキモ、ほどほどに火は通っているものの、噛むとトロッとしていて甘くて美味い。タレもくどくない。セセリの食感もいい。つくねはもちろん軟骨も一緒にこねられている。砂肝は普通だったかな。焼酎のロックをもらってちびちびやってると隣のおっさんの食べているネギ焼きがたまらなく美味そうだったので、最後にネギ焼きを1本。この最後の1本をネギとしそ巻き焼きとするかに相当悩んでしまったがネギに軍配が上がってしまった。
 果たしてネギ焼きはその選択を後悔することのない旨さで満足だった。
 


by atsushisaito | 2017-07-30 23:34 | 飯@23区外 | Comments(0)