2017年 07月 13日 ( 2 )

石川うどん@香川県丸亀市

c0016177_21134558.jpg
 丸亀の猪熊弦一郎現代美術館で志賀理江子展を観た後に石川うどん。丸亀の周辺には有名なお店が点在しているのだがどこも徒歩ではいささか遠くて、駅近の歩いていけるこのお店は貴重。香川のうどんのセルフ方式が苦手なので、フルサービス(普通のお店形式)なのが嬉しい。
 ランチに冷たいうどんがなくて、100円足してぶっかけに。今でも後悔しているのだけど、ここは暑くても出汁を堪能すればよかったかなあ、と。いろいろとこだわっているお店なので、その出汁を味合わなかったなんて。それでも主役のうどんはさすがハイレベル。柔らかな噛みごたえなのに噛み切る前に腰が押してくる。繊細かつ大胆。
 麺の量が一般的な讃岐のうどんと比べてけっこう多い。1.5倍から2倍ほどあるのでは。いろいろと薬味がついてきて、その量を感じさせない。東京にあれば大行列店になるのは必至。


by atsushisaito | 2017-07-13 21:26 | 飯@23区外 | Comments(0)

Stephen Gill 「Anonymous Origami」

c0016177_20294790.jpg
c0016177_20294718.jpg
c0016177_20294817.jpg
c0016177_20294816.jpg
c0016177_20302219.jpg
c0016177_20302186.jpg
c0016177_20303705.jpg
c0016177_20303757.jpg
c0016177_20305412.jpg
c0016177_20303845.jpg
c0016177_20305591.jpg
c0016177_20305557.jpg
published by Nobody, 2007, edition of 1000,

 Stephen Gillが世界のホテルなどで採取したトイレットペーパーの折り込まれた三角の部分を題材とした写真集。Gillが作品を作る時の視点はいつも大きな驚きが伴うのだけど、この作品もさすがギルとしか言いようがない。誰も気にしないであろうこの詠み人知らず的なペーパーワークに関心を寄せるとは。そしてギル自身がその採取地を整理できずに完全にアノニマスな存在となってしまったトイレットペーパー。ソフトカバーに刻まれた文字が緑色のトレーシングペーパーに覆われることにより、その存在の儚さを際立たせることに成功している。


by atsushisaito | 2017-07-13 20:43 | 写真集 | Comments(0)