2017年 07月 09日 ( 1 )

稲田屋@福山市

c0016177_22462994.jpg
 大衆食堂という屋号なのだけど、基本的には肉丼がメインのお店。丼以外にはいわゆる牛皿的なものと、あとは蕎麦とうどん。そして今回食べたのは関東煮。大阪で関東煮というとおでんのことなのだが、こちらはモツ煮込み。店の中はコンクリート打ちっぱなしの床にテーブルが並ぶざっくりした造りで、奥の厨房とは別に入口横に関東煮用の鍋スペースがあり、おっさんがその番をしている。
 適当に椅子に座って、おばちゃんに瓶ビールをもらって関東煮を二本もらった。牛の腸と肺の串。一般的に想像するタレの味とは違って、かなり甘い味付け。色の割に甘さが前に出てくるのでなんだか不思議な味。のんびり串とビールをやりながら店内を眺めてると、近所の人なのだろうか、店頭でのお持ち帰りの客もいてローカル感がほどよく良い。丼の方も食べてみたかったな。
c0016177_22462881.jpg
 ホテルに戻ったけど、もう一杯だけ飲みたくてホテルの地下のシャトレーヌというバーへ。ホテルのバーらしく落ち着いた雰囲気。カウンターに座ってとりあえずジントニックを。今年の全国バーテンダーズコンペティション金賞の女性の方がかっこいい。目の前に並んでいるボトルを見てるとジンの季の美が。このジン、VACANTでの写真集飲み会の時に、Brew DogブースでPunk IPAを注いでくれていた元木さんが京都で蒸留しているジン。言葉を交わした方もけっこういるかと。ちょっと嬉しくなって、その女性の方にこのジンでなにかお願いします、と出てきたギムレット。美味しかった。

 その後は部屋で酒屋で購入した竹鶴を飲みながら気絶して朝を迎えた。
c0016177_22462894.jpg
 福山で一番大きいフラッグシップ的なホテルだったので朝食は期待していたのだが、普通だった。他にもっと小さいながら壺湯が面白そうなホテルがあったのだけど、残念ながらそこは一杯だった。見栄えからしてパッとしないラインナップのブッフェだったのだが、料理を取って席に着くとオムレツなどはテーブルでスタッフにできるみたいで、うずめ飯というご当地ものをお願いしようと思ったのだが、僕を含めて店内に4名しか客がいないのにオーダーを聞きに来る気配もなく他の仕事をしている感じで、まあしょうがないかと席を立ってすぐ近くにいたスタッフにうずめ飯をくださいとお願いしに行ったら、お席はどこですか、と言う始末でこりゃダメだと思いつつ席を告げて座り直した。オムレツコーナーも無人だったし、まあ開店休業状態だったからしょうがないかな、と。


by atsushisaito | 2017-07-09 23:26 | 飯@23区外 | Comments(0)