2017年 04月 02日 ( 1 )

なか市@富山県富山市

c0016177_23080290.jpg
ここしばらく写真集の印刷は富山の山田写真製版所で印刷しているので、あちこち日本を移動する中でも富山に行くことが多い。印刷立会いといっても、プロであるプリンティングディレクターと印刷機のオペレーターがベストなものを目指して作っているわけで、実際にはそんなにやることはなく、どちらかというと食べ物を楽しみにして行くわけで、そしてお昼ご飯は毎回ご馳走してもらえる。
 今回連れて行ってもらったのは、なか市という割烹のランチ。デザイナーの加藤さん曰く、こっちでご飯を食べることが多いとか。僕は初めて。注文は牡蠣フライ定食。正直なところ東京での食べ物が不味いと言ってる人は、まともに食べ物の味を味わえてないと思っている。なので、地方に来てことさらに新鮮で美味いなんていう人の言葉は信じない。物流のスピードの遅い江戸時代なら、そういうこともあるのだろう。
 だから、ここのランチを殊更に美味いとは思わなかったのだが、普通に美味しいとは思った。そして、やはり地方ならではの味がここに。里芋のごま和え。一見、デザートかと思えるようなそれは、濃厚なゴマたれのかかった立派なおかずだった。こういう小さな驚きがあると、やはり地方は面白いと思う。で、まあ米や野菜や魚も、富山で食べると美味しいと思ってしまんだなあ。

by atsushisaito | 2017-04-02 23:29 | 飯@23区外 | Comments(0)