天津飯店@銀座

c0016177_2321078.jpg

c0016177_23211187.jpg

c0016177_23212099.jpg

c0016177_23213344.jpg

c0016177_23214365.jpg

 くそ。今日(10月6日)、銀座のガーディアン・ガーデンのオープニングパーティーでただ酒をいただこうと行ったら、違う日だった、、、、。看板がしまわれた電通向いのリクルートのビルの路上でかなりの気落ち。がっかりだ。レセプションだから、別に開催日初日にやらなければいけない理由もないんだよなあ。惰性で銀座にくりだした自分に腹がたった。
 たったら腹も減るわけで、中華。猫臭いカレーのニューキャッスルの隣。天津飯店という適当なネーミングの店へ。外観、内装、場末の中華料理屋のようなんだけど意外と繁盛している。まずはビール。注文は玉子とトマトの炒め物、空心菜の炒め物そして豚ハツの炒め物なんだけど間違えられて出てきた豚耳の炒め物。 どれも旨いのだが、火を通しすぎ。 その後、マーボー春雨。これも春雨が残念。ぶっといのでゆで具合さえよければ、、、。辛くてうまかったが。
 酒は紹興酒のボトルに切り替え。2000円しないくらいで安価。グラスで4杯ぶんだから十分元がとれると、、、しかし氷が有料なことに少しの驚き。 なにかこの店ならではのホームランが欲しかったので店内を見回すと、魚肉の餃子がお薦めみたいな貼り紙発見。これだ!と注文するも、数十分後にオーダーが通ってないことが判明。 変わりに焼きそば。 そこそこできる中華料理屋ではおいしいメニューなのだが、はたしてそこそこに旨かった(この「はたして」の使い方たまに見るけど、やはり違和感がある)。
 お勧めしていただいたマリエさんには申し訳ないのだが、お勧めしてもらったメニューを食べてないことを帰宅後に気づいた。またまた、次回。 しかし、正直このレベルだったらもっと安い店あります(こんど行きましょう。)! モツを使ったメニューが多かったので、もっとそういうのを食べればよかったかなあ、今になって思う。
by atsushisaito | 2008-10-06 23:56 | 飯@銀座 | Comments(2)
Commented at 2008-10-07 03:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by atsushisaito at 2008-10-07 12:37
卵と黄ニラの炒めチェックしときます。
ていうか赤坂離宮に行ったことがない僕に、教えられることは
なにもありませんよ!!!!

赤坂離宮行きたいなあ、、、、。
<< 鷲尾和彦展「極東ホテル(THE... 白銀屋@西新宿 >>