二代目海老そば けいすけ@高田馬場

c0016177_16284118.jpg

 高田馬場でつけめん。400gまで麺の増量が無料だったので、400gの特盛り。なんだかラーメン屋らしくない店内、そして店員。若い女の子が3人くらいいた。当然麺を茹でる人も女。はっきりいって偏見だが、大丈夫か?と思ってしまう。 ま、大丈夫だったんだけど。 器が変な形なのは知っていたが、つけ麺の汁がマグカップみたいなものに入れられているのには、ひいた。食べずらい。汁は塩っぽい味。そんな海老って感じはしない。 わんたんが一つ中に入っているのだが、これは口に入れると海老の香りがぷ~んとした。 油っぽくて塩気の強さでなんとか麺を食べられるのだけど、あまり好きな味ではないなあ。 最後にスープ割りをしてもらったのだけど、これが甲殻類の臭みたっぷりで飲めなかった。え?と思って何度も口にして確認してみたが、もうどう味わっても腐敗したエビやカニのような臭い。飲めなくて残してしまった。  けっこう評判いい店なので、たまたまだったのかもしれないが、僕には無理だなあ。
by atsushisaito | 2008-09-05 16:08 | 飯@高田馬場 | Comments(0)
<< 助田徹臣 「日没後に向こう側」 柴田敏雄 「CONTACTS」 >>