五香菜館@新井薬師

c0016177_13431747.jpg

 はじめて食べたときの感想をあらためて読み返してみると、けっこうひどく書いてるなあ。当然なんだけど、ラーメン屋のラーメンと中華料理屋のラーメンを並列で考えてはいけない。ラーメン屋のまずいラーメンと中華料理屋のまずいラーメンは同じベクトルではない。 そのあたりちょっと踏み外した意見だったと我ながら思う。 それだけの経験値と時間を経たということだろうか。つまりは腹がでて中年になった。
 それはさておき、トーキョーノスタルジックラーメンという本がでているらしい。最新のラーメンを追うものとは真逆に昔のスタイルで営業を続けているお店を紹介しているのだとか。 新井薬師の五香菜館もそういう感じの雰囲気のお店で、しかも商店街ではなく通りを一本入った細い路地で営業しているものだから、近くに住んでいても新しく越してきた人なんかは知らなかったりする。 また、営業時間もかなり短く、のれんがしまわれている時間の方が長い。 僕も越してきたばかりの時、旨い店~と情報を集めていたとき知って、行ってみた。その時は、なんだか普通だよなあ、という感想と、若干高い値段で良い印象がなかった。  なかったのだけど、長いスパンをかけて何度も行ってると、旨いなこれ!普通に旨い!という感じになった。 
 前置きが馬鹿みたいに長くなってしまったが、この日はラーメン。700円、これだけ見ると高い店じゃないんだけど、このノーマルラーメン以外は900円前後になってしまうので、う~ん、、となってしまう。大盛りは200円だし。 これといってなにが凄い、ということはないのだけど、日中汗をかいた体にスープが沁みる。しっかりした器にたっぷり入っているものだから、麺と具を食べ終えた後、ひたすらレンゲで汁を飲む。 お酒を飲んだ後にラーメンを食べる習慣がないからわからないけど、そういう習慣の人がこのラーメンで締めるとかなりハマるのではないだろうか。また太るなあ、と一抹の後悔とともにごちそうさま。 
 この店でつけめん食べてみたいんだけどなあ。ダメっぽい予感もするし普通で900円なのも気にかかる。大盛りにすると1100だ。う~ん。

展示のレイアウトを考えながら、書いてたらなんか散漫な文章になってしまった、、。
by atsushisaito | 2008-08-03 14:16 | 飯@新井薬師 | Comments(0)
<< タイレストラン ボス@高田馬場 鳥聖@中野 >>