松葉@南長崎

c0016177_21393921.jpg

 トンカツのオサムに行こうと原チャリを走らしたが、お店の戸を引くと立って待っている客あり。二日酔い(シアノマイド未開封)な上に油の臭いがつんときて、即刻撤退を決断(二日酔いで油ものはダメ)。そのへんでなんか食べらればいいや、と近隣を物色。 その中で店頭にマンガの切り抜きをベタベタ貼っている店を発見。こういう店はまずいんだよな、とよく見ればまんが道の一コマ。この近辺にあのトキワ荘があって、その人達がここのラーメンを愛していたらしい。 
 過大な期待はせず中へ。マンガと同じくラーメンを食べようと思ったのだが、他の客のつけめんに惹かれて、同じくつけめん注文、しかも大盛りで。 お店のホール担当の人が、学校行かないでいいの?といった感じの若い女の子なんだけど、その子の「おまちどう~」という言葉がなんかいい。様じゃない。普通におまちどう。 普段から、様っていう言葉って嫌い。金を払うかわりに、物として享受してるわけで、お店の人と客である自分ってある意味対等ではないかと思う。 なんでもかんでも様が奨励されているような現代だが、神格化されたその時点でサービスは一方通行になってしまい、結局それがディスコミュニケーションになるのではないだろうか。売ってくれる人があって、初めて物を買える。 だから僕はできるだけ、どんな店でも丁寧に接するようにしている。 
 肝心の味は、予想通りで特別おいしくない。ワカメが多くて、その香りがとくに邪魔をしている。こういう店は麺の茹でに無頓着なんだなあ、と思っていたら出てきた麺はしゃっきり固め。普通のつけめんを注文したわりには具沢山でおいしかった(中華料理屋の範疇で)。
 またそのうち、ラーメンでも食べに行こうと思う。
by atsushisaito | 2008-04-01 22:06 | 飯@豊島区 | Comments(0)
<< 揚子江@新井薬師 哲ちゃん@新井薬師 >>