大喜@湯島

c0016177_1431043.jpg

 ラーメンは好きだけど、家の近所で食べるだけで有名店にはあまり行ったことがないなあ、と大喜の15人ほどの行列に並びながら思った。 前のおばはんが、食券を買いにいった人達の隙間をめざとく埋めるべく前進するので、おばはんと僕の間の距離があく。しかし、あの人達はここにまた並びに戻るんだよ。かといって、事情のわからない後方の人にはなんでさっさと前に進行しないんだ、あのバカというふうに見えてるはず。というわけで、微妙なスピードで前進しだしたところで、買いにいった人達は戻ってきておばはんはバックして一件落着。
 注文はとりそば。別になにが食べたい、というわけではなかったのだが、30食限定に惹かれて食券を買ってしまった。せっかくだから大盛りを、と思って券売機を見てみるもそういうオプションはない。かわりにランチサービスの小ライス50円の食券を購入。席につくと、それほど待たずにでてきた。つるっとした細い麺。塩味のスープ。まあ、おいしいんだけど、こう目がカッと見開くような驚きを期待していた自分には、ちょっとはずれ。たぶん醤油だったら、見開いていたような気がする。 ご飯にはチャーシューの佃煮がちょろっとのっていて、それがなかなかおいしかった。  
 また暇な時に食べてみたい。

by atsushisaito | 2008-01-16 14:43 | 飯@文京区 | Comments(0)
<< 中島古英写真展「肌の温度 葉の温度」 柳沢信写真展 >>