大島一日目

c0016177_1011247.jpg

 飛行機で大島に行くため羽田へ。 現金をおろすのを忘れたまま、手荷物検査を経て中に入ってしまった。お茶でも飲もうかな、と財布の中を見て100円しか入ってないことが発覚して愕然とする。でもまあ飛行機に乗ってる時間は30分ほどだからまあいいや、と我慢。 ちょっと小さめな飛行機でいざ大島へ。 相変わらず飛行機は嫌いだ。特に飛び始めて、どんどん地上から離れていく様は恐ろしい。事故に合う可能性など、ほとんどないとわかっていても、怖いものは怖い。
 無事に到着。まずはATM、ということで簡素で小さい空港内を見渡すも、それらしきものはなし。どうやら一番栄えている元町までいかないとないみたい。その元町までは約4キロ。空港周囲はなにもない。レンタカー屋すらない。2台客待ちしていたタクシーは、さっさと客を乗せて行ってしまった。 とりあえず歩くしか道はない。荷物の重さは気になるが、それ以外の選択肢がないのだ。 知らない道の4キロはけっこうつらい。 歩いているとバス停を発見。バスか!と閃いたものの、すぐさま100円しかない現実を思い出す。乗れないのはわかっていながら、時刻表を調べる自分が情けない。 さらに歩いていくと、小さなスーパーが。移動先のスーパーを物色するのが好きなので、中へ。真っ先に魚コーナーに行ったのだが、ここはハズレで地物が少なかった。 歩いて持ち運ぶ仕様の鞄ではなかったのと、ペラペラのサンダルに疲れて、道端で着替え。山道を歩くようにもってきた服と靴にチェンジ。 多少快適になったので、元気良く歩みを進めて、元町に到着。
 港近くの観光案内所で、ATMの場所を聞いて一安心。ついでに宿もとってもらった。ATMで現金をおろした後、レンタルバイクの店へ。天候も安定しているようだし、車じゃ頻繁に止めるのも大変だろうと、原付を借りた。まだ15時くらいだったのだが、本日分はサービスで翌日の一日分の料金にしてもらった。 宿はちょっと大きめな民宿。部屋に案内された後、完全に放置。普通、風呂の時間などの説明は少なくともあるんだけどなあ。オフシーズンのため閑散としているし素泊まりの客にかまうのも面倒くさいのかもしれない。
 原付で近くをぐるぐるまわる。
c0016177_10385486.jpg

 そして、飯。 港のすぐそばに食堂が3軒ほどあるのだけど、一番商売っ気のなさそうでボロイ店へ。店の中は薄暗かったのだけど、こういうもんだろう、と思ってたら、ばあちゃんが、「もうおしまいなんだけど、、、」と。あーすみませんでした、と出ようとしたら「なに食べたい?できるもんだったらいいけど」と声をかけてくれた。 せっかく島にきたので、名物のくさや定食をお願いした。 焼き始めると店内に、澱んだドブの臭いが。 初めてのくさや体験なので、食べられなかったらどうしよう、と心配する。
c0016177_1047565.jpg

c0016177_10471627.jpg

 くさやは確かにくさいのだが、だんだんと鼻は慣れてくる。かなり固くて箸でお行儀良く食べられるものではなかった。事実、ばあちゃんは手でひきちぎって食べることを推奨していた。塩気も強いのだが、なんだかスルメのように旨みが凝縮されている感じがする。 この定食がなかなかよくできたもので、明日葉のおひたし、べっこう漬け(刺身をつけ汁につけたもの)、そしてくさやと島の名物をきっちりと押さえている。しかも900円と安い。初めからいい店に出会えた。
 宿に戻る前に町のスーパーでつまみを調達。鮮魚コーナーがそこそこいい感じで、島アジを一匹刺身におろしてもらった。その他、こまごましたものを買い込み宿へ。島にはコンビニがないので、日が落ちる前に用意しないといけない。 
 宿に帰ってさっそく風呂。風呂場は意外と広い。だが、湯船には蓋。ちょっとさみしい思いをしながら蓋をとっぱらった。幸いにも中には暖かいお湯が張られていてほっとした。風呂上りにさっそく一人宴会。
c0016177_111163.jpg

c0016177_1112618.jpg

c0016177_1113414.jpg

c0016177_11142100.jpg

 島の焼酎、刺身は、金目鯛、赤アジそして島アジ。旨かった、といいたいところだが、先に食べた定食で、ばあちゃんに一杯食べるでしょう、と山盛りにご飯を盛られてしまったので、半分ほど残してしまった。もったいない。 酒は全部飲んでしまった。
by atsushisaito | 2007-09-29 11:06 | Comments(0)
<< 亀 裕里子展「連鎖 母への手紙... 鞍山@新井薬師 >>