やきや~漢珍亭

 展示初日、見に来てくれた佐久間元とやきやへ。
c0016177_21394152.jpg

c0016177_21395170.jpg

c0016177_2140246.jpg

c0016177_21402380.jpg

 ほとんどのメニューが150円という立ち飲みや。荻窪でも1,2を争うディープな店だと思う。メニューのほとんどはイカがメイン。イカのワタ和え、イカ刺し、枝豆、軟骨焼き。写真は撮ってないが、この後、塩辛、漬物。 どれも本当に150円でいいのか、という味で、けっして安かろう悪かろうの世界ではない。特にワタ和えは、後をひく味で、許されるなら皿をべろっと舌でソースを舐めとりたいほどの味。 イカ刺しは、特別な味でなく普通の刺しだが、このレベルこの味を150円で食べられる店など、この杉並区にないだろう(東京と書いてしまうと、他にもあるかもしれないで謙虚になってみた)。 枝豆は特に書くことなし。軟骨焼きは、イカのくちばしの部分。こりこりとした食感でおいしい。同じような場所を提供する店はあるかもしれないが、あっても串に3つほど刺して200円とかじゃないだろうか。ここは6つで150円だ。
 やきや終盤で注文した塩辛がこれまた秀逸な一品で、一人でチビチビ飲むなら、これだけで十分だ。漬物はキャベツ。塩加減がいい感じで、イカ尽くしの中でいいアクセントになった。
 これだけ書くと、素晴らしい店のようだが、弱点もある。 店が非常に狭い。そこに近隣のおっさんが群がるわけで、自分の居場所を確保するのに大変気を使う。奥にあるテーブルを占拠できる場合はいいが、それ以外は一人、または二人程度の人数でいかないとしんどい。 運よく場所を確保できても、さらに難関が。ホールとドリンカーを一手に担っているおばちゃんだ。なにか不幸があったのかというくらい無愛想なのだ。そのせいで、注文するときは申し訳ない感じでお願いし、料理を持ってきてくれた時には必要以上に恭しくしてしまう。なにかしら接するたびに、強いプレッシャーを感じるのだ。 そういうものだ、とわかっている僕でさえ、悪い感じはしないが、いい気もしない。なので、初めて行くときには多少の心構えが必要だ。
 おばちゃん本人は、いたって普通に行動しているみたいで、時折、常連と交わす話のかいまに見える笑顔が眩しく、いつか自分にもそんな笑顔が向けられればなあ、と遠くから眺めている。
 
 そして荻窪2軒目は、漢珍亭。荻窪ラーメンの老舗だ。飲みにつかうのは初めて。いちおう店内を確認すると、客は一人だけ。これなら迷惑にならないだろうと入店
c0016177_21403622.jpg

c0016177_2271689.jpg

 ここから須藤哉治が合流。 野菜炒めと餃子を注文。軽快に振られた中華なべからいい香り。特別な味ではないんだけど、旨い。 餃子は皮が薄く、ニラ、ニンニクが強いが、どちらかというと淡白な味で、ちょっと物足りない。 その後、炒飯、そして煮玉子(漢珍亭名物)を単品で注文。炒飯はちょっとしか食べてないが、やはりうまい。冷えてから食べてしまったのが残念。今度、久しぶりにこれだけ単品で食べにいこうと思った。 煮玉子は本来ラーメンなどにトッピングするメニューなので、単品で食べたの初めて。固茹でなので、ボソボソ感が気になった。
 ラストオーダー過ぎてもビールを、一本だけよ、と出してくれたおばちゃんだが、料理を放置して冷めたままにしたことに対して軽く怒られた。


by atsushisaito | 2007-08-26 22:20 | 飯@荻窪 | Comments(0)
<< ブリック@中野 展示のお知らせ >>