カッパ@中野

c0016177_18124535.jpg

 久々にカッパ。焼き台には初めてみる男の人(たぶん日本人)。新しい人か。動きは機敏ではないが、他の店員よりは多少丁寧。 レバ刺しは、まあいつもの感じ。ちょっと柔らかめかな。 焼きを何本か頼んだのだが、火が弱いのか物凄く時間がかかる。注文が込み合っているわけでもない。僕の注文した串が焼き台にずっとのっている。 出てくるモツ焼きは、焦げもなく丁寧な焼き。だがもう少しテンポよく焼いてもらいたい。 焼き台を覗いてみると炭がいつもの半分ほどしかはいってないように感じる。こんなんだっけなあ。 あと塩かけすぎ。今度行くときはカシラ塩少な目なんて注文をしないと。
by atsushisaito | 2007-08-14 18:21 | 飯@中野 | Comments(2)
Commented by キーサン at 2007-08-16 22:31 x
暑い日が続きますね。リーマン稼業には辛い季節です。
品川がお休みのお盆の間はもちろんのこと、鮮度に自信のないお店はレバ刺しは出しませんよね。
石松のを食べてしまうとカッパも微妙な感じですが、他店に比べるとハイレベルなものですよね。
しかし塩加減のブレには毎回我慢ができず、だいたいのものはタレにしてしまいます。
ホルモン、カッパ、、、、時代を感じるヤキトン屋ですね。
Commented by atsushisaito at 2007-08-17 14:34
カッパ@中野はタレが無難においしいですよね。
だんだんモツが小さくなってるように感じるのは気のせいでしょうか。
<< 新美敬子展「犬が好き、猫が好き!」 Berg >>