七鐘屋@中野

c0016177_18233086.jpg

 中野に新しくできたラーメン屋。注文は広島風つけ麺大盛り。広島のつけめんは辛いものだとは知っていたが食べるのは初めて。 つけ汁も冷たいんだ。大量に唐辛子が浮いている。ちょっと味見してみると、なんだか冷やし中華の汁みたいなものに、唐辛子、ラー油で辛味を加えた感じ。
 麺はかなり細め。大盛りにしては少ない。器のせいで実際以上に少なく見える。さらに麺がほぐれにくく、なかなか一口分をとりきられない。まったくつけめん向きではない。食べるのが面倒で、汁を麺にぶっかけようかと思ったほど。実際、それが可能な器だし、最初からそういう風に出してもいいんじゃないのかなあ。
 別にまずいわけではないんだけど、面白みのかけらもない食事だった。
by atsushisaito | 2007-07-18 18:33 | 飯@中野 | Comments(0)
<< 横浪修写真展 「innocent」 駅前食堂@新井薬師 >>