ラーメン二郎@神保町

c0016177_22222974.jpg

 時間があったので、11時過ぎに行ってみた。並びは10人程度。一緒に行った人間に、トッピングの説明などしながら(といっても自分自身、ろくに知らないのだが)時間を過ごす。しばらくしてふと後ろを見ると、靖国通りに届くのではないかという行列が。30分ほど経って食券を買う段階に。 お腹一杯食べたいという連れには、いたずら心も手伝って大豚ダブルを勧めて、僕は子豚を購入。購入後それほど待たずに席につけ、待つ。腹一杯食べたい、とのことだったので、野菜マシマシにしろと言ったにもかかわらず、連れは野菜のみのコール。僕はニンニクもなにもいらなかったので、ナシ。
 それでもたっぷりの野菜が盛られた丼は、迫力十分。その横に並ぶ大豚ダブルヤサイの巨大さは驚きと同時に、笑いがこみ上げてしかたがなかった。麺は、けっこう固めの湯で具合。盛られた野菜と格闘しながら、ようやく普通に麺と汁を楽しめる段階になり、汁をずずっと一口(レンゲは置かれてない)。けっこう辛い、というか塩気が強い。二郎経験値が少ない自分にとっては、もっと甘くこってりの汁を想像していたのだが意外。これが本当の二郎なのか。チャーシューというか豚はけっこう固め。うまくもまずくもない。
 汁の大半は残したものの、麺と野菜、そして豚を食べ終え、先に店外へ。出る前に隣のどんぶりを見ると、まだ丼の上には山が築かれたままだった。ちょっと悪いことしてしまったか、とその時初めて罪悪感を覚えた。外で待ってると、10分後に出てきた。様子を聞くと半分以上残してしまったらしい。どうやら二郎嫌いを増やしてしまったようだ。
 好き嫌いがもの凄くわかれる汁だと思う。歌舞伎町のは、そういう意味で、万人向けの味に仕上がってるのではないか。神保町店は僕には塩気が強すぎる。どんなにヤサイを食べようとも、あの汁を飲んでいる限る、いずれ病人になってしまうだろう。サイドメニューに塩分の排出を助けるキュウリのサラダなんか出せば、ヒットするかも(しないか)。

by atsushisaito | 2007-07-03 22:47 | 飯@千代田区 | Comments(2)
Commented by BUSH at 2007-07-04 08:14 x
 その大ダブルのヤサイマシ画像を見たかったなぁ(^o^)v

 神保町二郎は数ある二郎の中でも、かなりお気に入りと゛の高い店です。

》あの汁を飲んでいる限る、いずれ病人になってしまうだろう。

 気を付けねば(^^ゞ
Commented by atsushisaito at 2007-07-05 13:41
いやあ連れの者には悪いことしてしまいました。
神保町二郎は二郎の中でも有名らしいですね。
僕はその日、晩飯を食べる気がおきませんでした。
年輩の客も多くて、驚きです。
<< さくら水産@九段下 キッチンジロー@九段下 >>