我王@沼袋

c0016177_23122839.jpg

 沼袋の我王。土日は中休みがない。こういう流行ってなくても中休みがない店は、けっこう使えるので便利。 以前、経堂に住んでいた時には、はるばるていが混んでいるのを確認したあと、いつも空いていた「ろくあじ(評判いまいち)」という店に通っていた。おかげで、座るとつけメンマ大盛りが無条件ででてくるようになってしまった。23,4歳の頃だ。たまには違うものを注文しようとしたこともあったが、注文を取りにくる女性を制して「いつものだよな」という店主の声に押されてしまっていた。 不衛生だなんだとの評判で夜逃げのように閉店してしまったが、麺とメンマは十分おいしい店だった。
 それはさておき、我王。本日は塩ラーメン。バーナーでチャーシューを炙る様など、相変わらず作る段階では旨そうな雰囲気。それほど待たず出されたラーメンをいただく。まずは汁を一口。レンゲというにはほど遠い、飲み口の浅いレンゲ。?なんだかおかしい。もう一度。やはり同じ。とりあえず気にせず食べ進める。つけめんとは違い細めん。量もそこそこで悪くないのだが、やはりスープが気になる。舌の先の方でしか旨味を感じられない、というかそこに激しく刺激がいってしまう。なんだろう。これは少しばかり味の素を入れたとしてもこれほどにはならない。自分で料理もするし、味の素もいれる。こんなアンバランスな旨味はどうしたらできるのだろう。 俺がおかしいのか?と何度も飲み直したりしたものの、同じ。 食べ終えて数時間はしばらく舌の先を刺激されたまんま。 単純に化学調味料の入れ過ぎだとは思えず不思議な感じ。ともかくこれで750円は高過ぎ。具が多めだから、という理由らしいが、別に多いとは思わない。600円くらいでいいのではないかと。
 あまり美味くないラーメン屋だとは思うが、嫌いではないから、けっこうな頻度で通ってしまいそうなので、次回はカウンターのアンケート用紙に書いてしまおう。
by atsushisaito | 2007-05-20 23:36 | 飯@沼袋 | Comments(0)
<< 八海@中野 鈴木涼子作品展“ ANIKOR... >>