高木や@高田馬場

c0016177_14184663.jpg

 辛さが普通のつけめんを注文。店のおやじがテレビに夢中になっているのが気になる。中途半端な時間のためか店内には他に客が一人いるだけ。厨房からでは見づらいのだろう、ホールにでてきてまでテレビをみるオヤジに呆れてしまい、頭の中でひどい物が出てきた時の対応を妄想する(丼ひっくり返すとか)。 そうこうするうちにつけ麺登場。汁は見た目からして辛そう。心配していた麺の茹で具合は普通だったので一安心。いちばんノーマルな辛さなのだけど、十分に辛い。辛旨いというより、辛さが強くて旨みは弱い。 もう少し旨みがあればなあ。とはいえ近所にあればちょくちょく行ってしまいそうなレベル。でもこの立地ならべんてんの方に吸い込まれてしまう。
by atsushisaito | 2007-04-22 14:38 | 飯@高田馬場 | Comments(0)
<< 駅前食堂@新井薬師 リアルのためのフィクション >>