カッパ@中野

c0016177_9111055.jpg

c0016177_9112263.jpg

 久しぶりに訪れた。えっと、、焼いている人がちょっとロリータっぽくて違和感ありまくりなんですけど。会話を聞くと他の従業員同様中国の人。しかしモツを焼く格好ではないよなあ。 とりあえず瓶ビール大とレバ刺し2本タレで。登場したレバ刺しを見て目を疑った。こんなにどろっとしたタレだったっけ?なんかいろいろ細かいものが混入してるし。焼き台の周りにはタレ壷が2つあって、味付けの段階によって使うタレをわけている(詳しいことは忘れてしまったが)。いま、目の前のレバ刺しに使用されているタレはいつもと違うほうじゃ、、、。 気を取り直して、焼き物も注文。トロ、ナンコツ、あと一本はなにか忘れた。写真みてもわかんない。 食べているとカウンターにゴキ様が登場したので、カメラで撮ろうとするもなかなかピントが合わない。それに気づいた男性の店員が苦笑いで「すみません」とゴキをティッシュで圧殺した。飲食店にゴキがいるのはしょうがないけど、カウンターまでやってこられてヒゲをヒクヒクさせてたらやっぱまずいよなあ。僕は気にしないんだけど。
 しかし相変わらず閑散とした店内。荻窪みたいに、はいれるかなーと店の前を何度も往復しないですむことはありがたいのだが、もう少し活気が欲しい。テーブル席潰して、カウンターをコの時に作り変えれば、と思うのは素人の考えなのかなあ。荻窪、吉祥寺がいつも満員の繁盛店の支店なのだから、売れないはずはないと思うのに。
 この日はこれでさくっとお勘定。ぴったり1000円だった。
中野カッパ
by atsushisaito | 2007-02-05 09:32 | 飯@中野 | Comments(0)
<< 香氣@沼袋 墨攻 >>