不如帰@幡ヶ谷

c0016177_11313643.jpg

c0016177_11315450.jpg

味玉そば醤油大盛り(950円)。ラーメンにしては高くなってしまった。このそんなに食うなら走らんとのエントリーを見て、行きたいなあ、と思っていた。再度、読んでもほんとおいしそうな記事。味の説明などはこのblogにお任せしよう。
 実際、食べてみて、おいしかった。でも僕にはちょっと上品過ぎる味だった。あの舌を刺激する化学調味料のない味。汁を飲みながら、あとほんのわずかでいいから、もうちょっとそこ押して!という若干の物足りなさを感じた。 大盛りにしたのは失敗だったかな。 最初、丼が出された時、絶対これ普通盛りだろう、という感じだったが、予想以上に底が深く、麺がたっぷり入っていた。その麺が細めんで、これまたスープに合っていておいしいのだが、のびるのが速くて、最後の方はそうめんかなにかを食べているような感じだった。 
 僕がラーメンに求めているものと、ちょっとズレがあって、それはそれで面白くよかったのだが、やはりもう少しワイルドな方がいい。ラーメンはこってりしてイヤっていう人や、女の人なんかには、かなりおいしく感じられるのではないか、と思う。
 店主が先客(たぶん仕入先の社長かなんか)と話しているのを、なにげなく聞いていると「ラーメン発見伝」に登場するような、ラーメン用語がポンポンと飛び出して、本当にこんな世界があるのだ、とちょっとびっくりした。
by atsushisaito | 2006-10-30 12:03 | 飯@新宿区 | Comments(2)
Commented by nobanonch at 2006-10-30 14:51
TBどうも~
確かに上品ではありますね~
年をとったせいか
こういうタイプを好むようになりました
Commented by atsushisaito at 2006-10-31 01:00
どうも初めまして。
ドイツ編、毎日楽しく見ています!
ベルギーあたりまで行っての、おいしいビールのお話なんかも期待してます。
年は、そんなに変わらないと思います。たぶん。
<< みつぼ@池袋 森山大道写真展「it」 >>