十八番@野方

c0016177_14325437.jpg

c0016177_14324216.jpg

 十八番と書いて「おはこ」と読むみたい。荻窪の十八番とは関係なし。 ちょっと自信ないけど、以前どっかで、閉店した新井薬師の「高揚」出身だ、というのを見た覚えがあるけど、どうんなんだろ。
 注文したのはラーメンに餃子2つ、半ライスそして漬物のセット(850円)。どのメニューもけっこう高め。一品にご飯をつけると、すぐに1000円を超えてしまう。それでもこのあたりではけっこう人が入っている店。おそらく野方ホープの次に繁盛してる店ではないかと(かなりの差はあるけど)。ラーメンは、昔ながらの、という言葉が適当な味。特に突出したものはないものの、つるつるの麺とからんでおいしいスープ。 餃子もかなり立派な職人を感じる形で、味もおいしい。漬物はザーサイ。食べたことない香り。ちょっと普通のザーサイとは違う。 次は他のメニューも食べてみたい。 いやむしろ、他の炒めものなどの料理の方がおいしいかも。
by atsushisaito | 2006-10-27 09:32 | 飯@野方 | Comments(0)
<< オリエンタル 野町和嘉写真展@吉祥寺美術館 >>