カッパ@中野

c0016177_12435499.jpg

c0016177_1244758.jpg

c0016177_12442661.jpg

c0016177_12443642.jpg

c0016177_12444464.jpg

またまたカッパ。この日は店主の姿はなく、中国人の女性が二人、カウンター内に、男性が一人ホールにいた。テーブル2席が埋まっている以外は客はなし。 荻窪と同じく、遅い時間は店主が引っ込むシステムなのか。 テーブルの客が中国語を勉強している学生なのか、店員とカタコトの中国語で盛り上がっている。焼き台では、女性店員が、てきとうに自分の食べたい串を焼いて、パクついている。 うーん。荻窪の渋い雰囲気はなし。 まずはビール小瓶に、レバ刺し。前回はなかったオッパイを焼いてもらう。タレがおいしい。荻窪ではシオで食べるのがほとんど。レバ刺しすらシオが基本だから。初めて行く人は、塩をかけられただけのレバ刺しに驚く。 トロやナンコツなどを食べ、おしんこを注文。やっぱり味が薄いような。おしんこには最初から、醤油がかけられているのだけど、それでは少ししょっぱいため、荻窪ではおしんこを醤油抜きで頼む人が多い。醤油がかかっているのに、これでは少し物足りない。 中国人の店員さん、仕事が少し大雑把な感じだけど、焼酎を注ぐ時にはその大雑把さが功を奏して、コップの受け皿が溢れるほどいれてくれる。 椎茸の石突(?足のところ)の串が残ってたので、注文。いつもあれば頼んでしまう。 適当に串を食べて、焼酎3杯で、2500円ほどだった。
by atsushisaito | 2006-09-07 12:48 | 飯@中野 | Comments(0)
<< 猫 五香菜館@新井薬師 >>