魚の四文屋@中野

c0016177_9381394.jpg

c0016177_9382546.jpg

c0016177_9383514.jpg

もつ焼きの四文屋の新しい展開の店。面白そうなので行ってみた。 秋刀魚の焼き物(400円)、つぶ貝(250円)、のどぐろの刺身(700円)、岩かき(500円)、なめろう(400円?)、たこぶつ(300円?)。 どれもべつにおいしくない。 それより値段設定の中途半端さが気になった。安くもなく高くもなく。あえて四文屋の名前を使うのならもっとジャンキーな感じでもいいと思う。 特に岩かきがひとつ500円というのには呆れた。大泉学園の丸辰を知っているから、その落差にがっかりしてしまうのかもしれないけど、切り置きの刺身はないんじゃないか。300円くらいの値段なら、文句はないけど。 富士川食堂のおばはんでも、注文受けてから切るぞ。

味もたいしたことないし、安いわけでもない。これならちょっと高いお金払っても第二力酒造や陸蒸気に行ったほうが、気持ちがいい。 開店したてだから、これからどうなるかはわからないけど、よくなる方向に期待。
by atsushisaito | 2006-09-04 09:58 | 飯@中野 | Comments(0)
<< 猫 カッパ@中野 >>