梅林餃子@中野

c0016177_1585986.jpg

餃子定食ご飯大盛り(600円)。 新青梅街道沿いにあるこじんまりとした店。まず店に入って驚いた。店の人間が暗い。言ったのが聞こえなかっただけかもしれないが、いらっしゃいも言われず、もしやすでにランチタイムが終了していて、間違えて入ってしまったのかと思ってしまった。なんか相手してくれないので、適当に座り注文するタイミングを待つ。そうするとカウンターに座っていて、てっきり客だと思ってた女が水を持ってきた。 まあ別に特別な愛想など期待してないので、いいのだけど。 餃子定食登場。店名が餃子なんだからよっぽど自信があるのだろう、と期待して食す。??皮と餡が分離している。うまく説明できないが、皮のなかで餡がころころしている感じ。別に餡がとりわけ小さいわけではないのだが、余分のスペースが多いため小さくみえる。なによりも一体感がない。 特別うまくもない。まあ文句をいう値段でもないのかもしれないが。 餃子より他のメニューにすこし惹かれたが、金を渡して店を出て行く時に、支払いを受けたおばさんのみが「ありがとう」といい、ホールの娘、厨房のおっさんが、無言でいるような店には行く気はしない。客が2人しかいない狭い店の中での話だ。 普通、おっさんが無愛想なのをホールの人間がカバーするのはよくある光景だけど、おっさんと一緒にここまで陰気なホールも珍しい。 なんとも妙な気分で心が満たされなかった。

写大ギャラリー・コレクション展「ヨーロッパの写真家 Ⅰ」@写大ギャラリー
c0016177_15282049.jpg

ついでにそのまま工芸大学内の写大ギャラリーへ。 ここであんまり学生は見ないなあ。閑散としていていいのだが。 いろんな写真が見れて面白かった。特にドアノー。有名なキスの写真に見惚れてしまう。これだけのものは印刷では味わえない。逆にエルスケンはいつも思うのだけど、オリジナルで見るのと印刷で見るのとは印象が変わらない。写美で見た時と同じ感想。あと一人名前を思いだせない、、。ハイキーな写真で神父達が踊ってるやつ。よかった。
by atsushisaito | 2006-04-23 15:40 | 飯@中野 | Comments(0)
<< 東新宿ギャラリー巡り 本城直季写真展「small p... >>