野方ホープ軒@野方

c0016177_13292367.jpg

初期のラーメン博物館にも出店してたほどの有名店。なので、常にではないけど、夜は行列ができることもしばしば。 背油系のラーメンはあまりおいしいと思ったことがないので、いままでここ本店と荻窪支店の横を何度も通ったのだが、足が向かなかった。 近くのラーメン屋ゲンのランチセットの天津飯を食べようと思ったのだが、それがコロッケ丼に変わっていたので、しぶしぶ野方ホープ軒に行くことに。 普通のラーメンを注文(650円)。 昼のアイドルタイムのせいか、入店時には僕一人。 しばらくして雑巾臭いデブが入店してきたのを皮切りにぞくぞくと客が入ってきて、あっというまに満席。 ラーメンが来た。汁を飲んでみるとニンニクの香りが。最初からにんにくが入ってる汁はあまり好きではない。油の量は普通で、と頼んだのだがそれでもかなりの量。 記憶がさだかでないので、あまり自信はないのだが、結局のところ味の組み立ては、他のホープ軒などと変わりないのでは? いままで名前は似ていてるだけで全く違う味ではないか、と勝手に思っていたのだけど。 パッケージが違うだけで、中身は大差ないとすると、面白くないな。つまんない。店の外はいい感じにとんこつの香りがするものの、汁は別に濃厚でもないし、大量の背油はヴィジュアルだけで、味に絡んでこないし特別こってりするわけでもない。 やっぱ古いタイプのラーメンだった。
by atsushisaito | 2006-04-19 13:42 | 飯@野方 | Comments(0)
<< 本城直季写真展「small p... 丸長@沼袋 >>