法華クラブ@鹿児島県鹿児島市

c0016177_21454004.jpg
c0016177_21462788.jpg
 ハイブリッジでジントニックをいただき、近くの酒屋でいも焼酎を購入し部屋で飲んだ。
c0016177_21463283.jpg
 鹿児島市にもドーミーインがあって普段なら安心安定のドーミーインを選択しているのだが、近頃はタイミングが悪いともはやビジネスホテルの価格を逸脱してしまっていることが多く、この日は法華クラブに。名前がなんだか宗教を連想させる感じで、例えばいくつかのホテルチェーンが並列になって選択できる状況だと、その名前のせいだけで優先順位を下げてしまう人も多いのではないか。しかしこのホテルチェーン、日本のビジネスホテルのレベルの高さを如実に表している。清潔であることはもちろん、フロントの丁寧さはとても素晴らしく、非の打ち所がない。
 そして、今回驚いたのは朝食。ビジネスホテルというカテゴリーでこれほど素晴らしい朝食は食べたことがない。もちろん何を持って素晴らしいかということには人それぞれ定義が違うだろうし、誰にでも当てはまるものではない。この場合、観光として鹿児島市に1泊滞在する上で最高に素晴らしい、ということにしよう。だいたいどんなに品数が豊富な朝食ブッフェ(ビジネスホテルの!)でも、その土地の名物は数品あって、基本はまあだいたいどこも同じ。しかし、鹿児島の法華クラブは名産じゃないのってどれよ?とばかりに様々な郷土料理で楽しませてくれる。そして美味しい。鹿児島という県が本土のみならず奄美諸島の豊かな食文化を持っているからこそ成せる技ともいえる。
 法華クラブには沖縄で一度泊まったことがあるが、その時もいい印象だった。ここで鹿児島市のドーミーインと法華クラブの差はやはり温泉だと思う。法華クラブの大浴場は人工温泉。ただし、鹿児島市は銭湯からして源泉かけ流しなので、値段を比べると無理してドーミーインである必要はない。町のお風呂に入りに行けばいい。ドーミーインの温泉だって市役所近くのかごっま温泉のお湯を輸送しているのだ。
 ただし、僕はドーミーインの大浴場に置かれているポーラのアロマエッセのシャンプやコンディショナーが好きなので、やはりその日の値段をみてドーミーにするかどうか迷い続ける。ドーミー文庫(客室に持っている漫画)や夜鳴きそば(食べてくないのについ食べてしまう)など魅力的なアイテムはさすが王者ドーミーイン。しかし、法華クラブはもっと知名度上がっていいと思うなあ。ただし、デリヘルは完全ブロックだそうなので出張先で楽しみたいお父さん向きではない(らしい)。

by atsushisaito | 2017-10-17 12:44 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< おおぜき中華そば店@恵比寿 海賊船@中野 >>