Alec Soth / Songbook

c0016177_16180749.jpg


c0016177_16122468.jpg
c0016177_16122408.jpg
c0016177_16122568.jpg
c0016177_16122502.jpg
c0016177_16122523.jpg
c0016177_16122643.jpg
c0016177_16122658.jpg
c0016177_16122786.jpg
c0016177_16122723.jpg
c0016177_16122715.jpg
c0016177_15254590.jpg
c0016177_16172824.jpg
published by MACK, 2015

 Steidlで二千年代の写真集の金字塔 Sleeping by Mississippiを出版して以降、写真集界のカリスマとして崇められたAlec SothがロンドンのMACKから満を持して出版されたのがこのSongbook。
 収録されている写真はもともとAlec Sothが運営している自費出版レーベルで出版していた作品。相棒のライターBlad Zellarとアメリカ各地を巡り、その土地のコミュニティーを撮影したものに、Zellarのテキストが掲載されていた。ニュースペーパープリントで刷られていたので、印刷の質は大判カメラを用いて撮影するAlec Soth作品らしさが打ち消されていてなんだかなあ、と当時はあまりその意図が組めなかった。
 今回ではテキストをなくして、写真だけで再編集されて出版された。ニュースペーパープリントの質(けっして悪い印刷ではなかったけど)を知っているだけに、ごってりとインクをのせられた印刷はとても素晴らしく、まるで別物のような印象をうけた。タイトルのsongbookは歌集、その名の通り写真と一緒に古いアメリカの歌の歌詞が編まれている。
 アメリカの古い歌といってもあまりピンとこないのだけど、例えば美空ひばりの歌がBGMに流れているような、そんな古いノスタルジーと新しさが溶け合うような世界をソスは作りたかったのかもしれない。初期から孤独という立ち位置から写真を撮影してきて、その臨界点がBroken Manualという作品を生み出し、そこからのターンはもう少し優しい視点で世界を見ているように感じられる。
 
 
 




by atsushisaito | 2017-02-10 17:00 | 写真集 | Comments(0)
<< Choinomi KATSU@... 吉野家 >>