中華蕎麦 あお木@群馬県高崎市

c0016177_18401558.jpg

 カーシェアリングの車を高崎駅に戻すべく走っているときに、ふとラーメンが食べたくなり近くの店を検索してみて良さげだったのがこちらのお店。中に入るとカウンター満席。奥にテーブル席もあるのかな。食券を購入して待ち席へ。
 カウンターの誰もがラーメンを待っていたので、しまった、と思った。返却予定時刻までそれほど時間がなかったからだ。せいぜい長くて20分くらいで食べ終えられるだろうと思ったのが誤算だった。ぼーっと待っていてもラーメンの出るスピードがとても遅い。カウンターの席の配列がゆったりだったので、もっと詰めると普通に倍の人数が座れるのではないか、と思ったくらいにゆったりで、でもまあそれはいいことでもあるんだなあ。時間があれば。
 ようやくカウンターに通されたのだけど、2杯づつしか作っていなくて、なるほど、と思いつつさらに待った。和え玉などの注文にはさくっと対応するのに、もう少しなんとかならないかなあ、と思いつつ待った。
 ようやく到着したしょうゆラーメンを啜ると、あたりの優しい汁でなかなか。出汁でぐいぐい来るのかと思ってたけど、バランス重視の旨さ。この麺でなんでこんなに出てくるのが遅いかなあ、と思う細麺もぽくぽくした噛み応えで汁との相性がいい。あと、お!っと思ったのは紫蘇と鳥軟骨がアクセントのツクネ。このツクネで丼メニューを食べてた人がいたけど、食べたくなった。
 同時に着席した隣のおじさんは、あっという間にに麺を平らげて和え玉を追加してそれをものの1分ほどで食べ終えて帰っていった。和え玉の注文の仕方からして、慣れてる人な感じ。
 ちなみに和え玉って高崎のラーメン店の店頭で何度か目にしたが、替え玉にタレをかけて味付けしたものを和え玉というみたい。半分は油そばのようにそのまま食べ、もう半分は汁に投入して味変も楽しめるという。油そばみたいにして食べたかった、、、、。
by atsushisaito | 2017-02-13 12:39 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 麺彩房@中野 海賊船@中野 >>