ひとつぼ

ひとつぼ、締め切り近いけどなんにも手がついてない。昨日も飲んだし。昨日、荻窪でDanchuとTarzanのバックナンバーを物色。帰りにビビンバが食べたいな、と近辺をうろうろしてると、今は亡きめん家の場所に武○という新店が。あんまりラーメンという気分ではなかったので店の前でしばらく考え込むが、結局入店。店の中はホープ軒系の匂いがして、こういう系かあ、と一人で納得してつけめんを注文。ちなみに客は僕だけ。5分ほどして一人入店。そっから延々と待つわけなんですけど、後から入った人がちょっと変で、まあ見た目は普通に若い人なんだけど、携帯の着信音を鳴らして止めない。普通は鳴ったらボタンなりなんなり押して止めるものなのに、手にした携帯をずっと見つめてる。嫌いなやつからの電話かなんかしらんがうるさい。10分ほどしてその兄ちゃんにラーメンが出てきた。オイっ!つけめんの方がラーメンに比べて遅いのはわかるけど、いつ麺入れてるんだ!同じロットか?店のおっさんはさぼってるわけでもなしに、終始ちょこまかちょこまか動いていたけど、なにしてんだろうね、あれ。で兄ちゃんはカウンターと厨房のしきりの上に出されたラーメンに興味を示さずに携帯いじり。お前もか!早く食え!でも不思議と丁寧な言葉遣いなんだよな。おっさんがラーメンおまちどうー、て出したら、いただきますって言うの。せめてラーメンをカウンターにおろしてやれよ。そっちの方がえらい失礼だと思うけど。1分はあったな。兄さん食いはじめると、トッピングのタマゴが入ってないことが発覚。すいませーん、タマゴ入ってません、と兄さん。ゴメーン!とおやじ。ため口かい!!!おっさん悪気や偉そうにしようとかそういうの全然ないんだろうな。でもフレンドリーでもなんでもないよ。腹立つ。これでおれのつけめんがまずいと、、、、、なんて思ってると登場!つけめん登場。その前におやじが少し変な行動をした。寸胴からスープを取るんじゃなくて、カウンターから見えないとこでスープ取ってた。つけめんは専用のスープ取ってるのか。ふーん。で食した。マズイ。。。なんだこれ?スープのうまいまずいの評価の時、魚のえぐみが、とか出汁が弱いとかあくまでラーメンを基軸として評価するもんだけど、これなに?醤油?なんか食ったことあるなあ、こういうの。もちを醤油につけて食うような時。うーん、なんかどう表現していいかわからないんだけど、ヤマサの質の悪い醤油につけて食べてる感じ。それだけ醤油が立って、出汁が出てない。砂糖も入ってるのかな。とにかくこういう系でまずいのははじめて。ある意味オリジナルだな。麺は製麺所に頼んでるのだろう。けっこういいと思う。あれだな、つけめんってよく知らないんだよ、きっと。経堂に住んでた時、津和野っていうラーメンやでつけめんを頼むと、つけ汁にひやし中華のタレが入ってことがある。竹之家@大泉学園ではつけ汁をぬるくしないとダメって思ってるつけめんを食った。麺入れる前にスープ作ってるの。一二三@吉祥寺みたいに1分で茹で上がる麺ならいいけど家系ですよ、あんた。まあ、こういうふうにいろいろトンチンカンなラーメン屋があるんですよ。ほんまむかつく。 家に帰ってネットで調べると、マズくてネタにされてた。めん家のご主人に祟られるよ。 17年度もつかなあ。たぶん無理だろうな。 ってそういえば今年に入って一枚も1撮ってない。やばいな。
by atsushisaito | 2005-01-10 12:42 | 飯@荻窪 | Comments(0)
<< 風邪がなおらない 飲酒 >>