一月家@三重県伊勢市

c0016177_9471080.jpg

c0016177_9473424.jpg

c0016177_9475612.jpg

c0016177_9481774.jpg

c0016177_948426.jpg

 伊勢に参るというより一月家に参りに来たというか。伊勢神宮に圧倒されたあとにい冷えた体で宮町の方へ。外から中の様子が伺えないので不安になったが、中から酔っ払いの笑い声が聞こえたので、扉を引いた。思ったより広い店内が広い。割と近年にリフォームしているのか、意外と綺麗。親父さんとお母さんが二人でホールを切り盛りしていた。飲兵衛ですでにほぼ満席のカウンターの端に座らせてもらって、ビールで一息。
 注文するものをメモしてそれを渡してオーダーするする方式なのだが、カウンターはそれをしなくていいみたい。直接聞いてくれる。 まず最初の注文はやはり湯豆腐。太田和彦先生曰く日本三代湯豆腐の一つがここ一月家のもの。他の二つは横須賀のぎんじ、盛岡のとらやのもだとか。
 オーダーが入ってからすぐに奥の厨房からでてくる豆腐。そこにだし醤油と節をかけて完成。ふわふわの食感に濃すぎず薄すぎずの出汁醤油が絶妙な塩梅。こんなので生ビールなんか飲んでちゃだめだと思い、ぐっとそれを飲み干してから熱燗。そして湯豆腐の次を見据えて海老の塩焼きを注文しておいた。
 熱燗が出てくる前に半分くらい食べてしまったが、ようやく湯豆腐と熱燗の両主役が並び立ち、気持ちが落ち着いた。うまいうまい、ぐいっぐいっつとやっているところに海老の塩焼きが登場。
 ここで気付いたのは、お会計が皿や瓶の本数で会計するシステム。カウンター上の自分のテリトリー内で食べ終えた皿などを置いておかなければならないので、これは注文の仕方にもストラテジーが要求される。カウンターの端の席だったので、少々変形だったせいもあるのだが。
 海老はとても大きく味噌まで美味しくいただけた。手が汚れるから、とおしぼりを一つ出してくれた。常連だけでなく一見でも丁寧に笑顔で接してくれるお母さんの接客がとても良くて居心地が良かった。他の人が熱燗を八兵衛と注文していたので、僕もそれでお願いした。八兵衛とは元坂酒造の八兵衛で、普通に注文する熱燗よりは辛口の味わいになっている。
 最後に何か一品を、と『さめたれ』という聞きなれないメニューを注文してみた。なんでもサメの干物みたいなものだとか。恐る恐る口にしてみると、これが強烈に美味い。美味いというか旨味の成分がぎゅっとしてる感じ。食感はふつうの白身魚に比べるとより繊維質を感じる。これは酒のアテに最適。お母さんも、お酒に合うでしょとニコリ。合いすぎるので、八兵衛をもう一本。
 しかし量が多い。この半分で丁度いいくらい。さらに酒が足らなくなり、もう一本追加したところでようやく全てを食べ終えた。しかしまだ酒が半分くらい残っている。しょうがないのでトコブシを追加。甘く柔らかく煮られていて、美味しい。ようやくおつまみと酒の帳尻が合い、ここでご馳走様。
 創業大正3年の名居酒屋。来てよかった。
by atsushisaito | 2017-01-26 09:45 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 海賊船@中野 Lee Friedlander... >>