カツラ@三重県津市

c0016177_015121.jpg

 松坂城散策を終えた後に地元で有名なお店の不二屋でごはんを食べようと思って向かったら定休日。事前にきっちりと調べないからこうなる。すぐに代替案が浮かばず、かといって松坂牛のお店に飛び入りで一人の客はあまり歓迎されないだろうから、城にすぐ近くの市役所のはす向かいにあったカツラというラーメン屋へ。
 手打ちの文字は気になったものの、パッとしない外観でまあ市役所の職員相手だけにしているお店かと思ったら全然違った。中に入ると満席でしばらく待つことに。よく考えると地方は車社会だから立地に対する概念が違うことを忘れていた。
 満席に驚いたものの、タイミングが悪かったのだろうくらいにしか思ってなかった。全く期待せずにつけめんの食券を購入した。地方でつけめんを食べる時は、そもそも最初から期待していないことが多い。つけめ二番煎じんは東京の文化であって二番煎じのものをわざわざ食べることもないだろう、と。
 手打ちが気になったのと、朝食が遅かったせいであまりお腹が減っていなかったことがつけめんを注文した理由。結果、つけ麺としては破綻したものが登場したのだが、それは驚きも与えてくれた。
 まず見た目にがっかりした。皿の大きさの割に麺が少なすぎる。お腹が空いてないからつけめんを注文した割に麺の量に文句をつけるのも理不尽な話だが、わざわざ大きい皿を用いて見た目のバランスを崩す理由はない。つけめんを食べる人は麺を食べたいわけで、その気持ちが理解できていない人に美味しいつけめんを作れるはずがない。そう思ったわけだ。
 そして汁がたっぷりなのは嬉しいのだが、つけ汁としては薄い。基本が味噌ラーメンのお店なので、基本のつけ麺は味噌味。ちょっと濃いめの味噌ラーメンのスープといった感じ。で、問題はここからなのだが、麺も汁も美味い。はあ?と思ってしまった。正直、看板をどさん子にしても、うん、どさん子かと味を気にしない人たちが入るような感じのお店なんだけど、この破綻したつけめんの麺、スープのそれぞれ単独では美味しいのだ。
 麺をゴリゴリと歯を押し返してくるタイプで、蕎麦の星のように何か練りこまれている。で、まさかとは思うのだが、2種類の麺が混ざっている感じ。若干細めで色が薄いのと太めで色が濃いもの。製麺のときにちょこっと混ざったのかと何度も見直したがどうみても2つ併せてるような。
 で、この麺にしてはスープは前述の通り弱すぎなんだけど、単独ではこれが後を引く美味さでけっこう飲んでしまった。味噌スープなんだけど、これって粉チーズ入ってないか、、、。チャーシューも出がらしをスライスしただけのものではなく、ジューシーで香りよくてとても旨い。 
 いやあ、これラーメンも美味いのかなあ。それともつけ麺だけの奇跡なのか。
by atsushisaito | 2017-01-24 12:14 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 麦とろ牛皿御膳@吉野家 海賊船@中野 >>