香凛@大分県別府市

c0016177_23300061.jpg
c0016177_23301414.jpg
 出先で当たりのお店に巡り会えた時に嬉しさは一塩。食べログのレビューほど当てにならないものはないのだけど、さすがにいろいろ見てるとそれが有用かそうじゃないのかがわかるようになる。で、この店、わざわざ大分まで来て中華かよって感じもしないでもないのだが、行ったほうがいいんじゃないかとビビっときた。
 店の前まで行くと、店頭の明かりが消えている。一人ですけど大丈夫ですか、と中の人にいうと大丈夫とのこと。この後に予約が入っているので明かりを消してるけど、一人なら大丈夫と。餃子をお願いすると、その日は鴨肉の餃子。こちらのお店は、餃子は毎日の日替わりで注文が入ってから皮を伸ばして作る。別府にきて、こういうお店に当たるかあ、とテンションが上がりその水餃子をパクリ。やはり皮の美味さが秀でている。紹興酒をやりつつ餃子を食べていたら、冷製の餃子食べてみます?と。是非いただきますといただいたのは春雨なんかが具になった冷たい餃子。パクチーがのって爽やかな一品。
 店主は別府にある立命館アジア太平洋大学に留学にきた中国の方で、別府が気に入りそのまま別府でお店を開いたそう。よくお話してくれて、別府のいいお店情報なども教えてもらって、いい時間を過ごせた。また別府に来たときには絶対行きたいお店。

by atsushisaito | 2016-09-25 12:29 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 上海港@外苑前 Alexander Grons... >>