三心@広島県広島市

c0016177_23365418.jpg

c0016177_23371419.jpg

c0016177_23373256.jpg

c0016177_23375082.jpg

c0016177_2338627.jpg

c0016177_23382220.jpg

 広島の飲み屋街というと駅から離れたところにある流川なんだけど、今熱いスポットというと駅の西、エキニシと言われる場所だそう。行ってみると再開発からぽつんと取り残されたような地域、そこに若い人達が建物をリノベーションしてお店を開店し、古い雰囲気と新しさが混じり合ったなんともいい感じの飲み屋街が形成されている。
 ここ三心は古そうな小料理屋の外観なんだけど、まだ開店して3年ほどだとか。黒板には広島の地物の美味そうな料理が並ぶ。ビールとお通しをいただき、一息ついたところでヨリエビ。小さいエビで瀬戸内一帯で食されている。地方で呼び名が変わり、宇部ではブトエビと呼ばれていた。塩ゆでしたものを殻ごと丸かじり。
 日本酒は地の物とその他各地のもの。種類は多くないけれど、厳選されたラインナップ。一杯目は広島のお酒で西條鶴。ここで注意されてしまった。写真を撮るときは一声かけないと、と。後、僕は写らないようにしてくださいと言われた。なので、カウンターの上の酒を撮ると店主が気にしてしまうので、ここからは日本酒の写真は撮らなかった。なので、なにを飲んだか記憶がない、、、、。
 続いて食べたのは亀の手。和歌山で食べた以来で嬉しい。見た目のグロさとは逆に上品な貝のような味がする。そして穴子の天ぷら。もう少しいろいろ食べたかったのだが、ここらでお腹が一杯になってきたので、最後にもろきゅう。しっかりと包丁で仕事をしていて、これだけでいい店だとわかる。
 おつまみは500円くらい前後からとお安く、これはまた広島に行く機会があれば絶対行かないとな、と思いながらご馳走様。
 
by atsushisaito | 2016-06-30 12:35 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< リトル小岩井@大手町 神田まつや@淡路町 >>