高揚@東中野

c0016177_21372264.jpg

 その昔、中野に高揚ってお店があって島耕作の弘兼憲史のグルメ漫画にも掲載されていたお店で、でもラーメンが千円オーバーという当時では敷居が高すぎて行けないお店だったんだけど、結局行けないまま閉店してしまった。その血を受け継ぐお店があると知っていたが、それもなかなか行けなくて、ようやく先日に初訪問。
 つけ麺を注文。いかにも自家製という感じの麺。びろびろ感が強く加水率高めな麺だが、茹で方は柔らかめなので、腰はなし。ちょいと辛味が足された汁で食べる。このオールドスクール的な汁で食べるつけ麺も悪くはないのだが、もひとつパンチが欲しいな、と思った。
 ランチじゃなくて、夜の方が楽しめる予感がした。
by atsushisaito | 2016-05-24 12:36 | 飯@中野 | Comments(1)
Commented by shimoochiai-hompo at 2016-07-13 13:48
高揚の売りはなんと言っても「ワンタン」です。
あのワンタンが食べられなくなってしまったことは本当に残念です。
<< インデアンカレー 佐内正史 Masafumi S... >>