伊藤@浅草

c0016177_20564195.jpg

c0016177_2057540.jpg

 今年の春になる前に秋田の角館で本家の伊藤を食べたばかりなので、まだその記憶がなくならないうちにこちら浅草でも。3年前くらいに一度食べたことがあって、今回は2度目。
 注文は中華そば中にチャーシュー丼。普段はご飯ものは食べないけれど、麺の量や汁が少ないのはわかっているので、お願いしてみた。しかしやってきた中盛りは、意外と多かった。汁がたっぷりと。いや、もちろん他の店のラーメンに比べると、その量は遥かに少ないのだけれど、角館のしる蕎麦感のような汁の量を通過してしまった今では、その量は十分にたっぷりといえる。
 量に反比例しているのか、角館と比べるとあっさり、煮干しのエグミなどは同じように感じたが旨味という点では控えめに感じた。汁の量が多いので、そのバランスは間違いではないのだろう。ぱつぱつの麺、ネギだけのシンプルな具。東京の他の伊藤では食べたことはないが、美味しい。
 チャーシュー丼が意外と美味しかった。というのは、角館では肉を具に追加したのだが、それは別に追加せずともよかったあなあ、という程度の感想だった。でも、このチャーシュー丼は、こんなに盛ってくれるのか、というくらいに(もちろん350円にしてはという意味)盛ってくれていて、味もいい。お米も美味しかった。肉の量が多いと、それはそれでもっとご飯が欲しいな、と思ってしまうから、肉が多いから良し!なんてことは全く思わないけれど、中華そばの削ぎ落とされたシンプルさを補完する意味では、いいサプライズであった。しいていえば、肉の量に合わせてネギをどかっと欲しかったかな。
by atsushisaito | 2016-05-10 12:33 | 飯@台東区 | Comments(0)
<< 麺や高倉二条@京都府京都市 大鵬@京都府京都市 >>