あじさい 本店@北海道函館市

c0016177_221463.jpg

 なんというか五稜郭タワーのすぐ側にあるいい立地のラーメン屋。店構えは立派な近代的なものになっていて、2Fがお店。1Fも同じ運営みたい。ちょっとわかりにくい。繁盛店だけあって、店員さんの対応は慣れたもので、接客の感じもかなりいい。老舗の本店という味わいを求めていくと、肩すかしにあってしまうが、まあそれはそれで。
 ハーフサイズがあったので、塩ラーメンのハーフ。正直なところ、塩ラーメンってストイックすぎて、そこそこに手抜きしたものと、すごく手の込んだものの差が、例えばかけた時間に比例しないものだと思っている。で、まあ正直に言ってしまえば、どれも美味しいんだけど、大雑把に言ってしまえば特徴がない。先日行ったマメさんがいい例で、あえて澄んだ塩のスープに粗野な背脂を浮かせている。そういうものなら、僕にもわかりやすい。
 味の差が見えにくいということは、トッピングに目が行く。このあじさいのスープは刻みネギが多い。それが僕にはとても五月蠅く感じた。どこを飲んでもネギが干渉してくる。いいところは、麺の食感。クレームがいくのだろう。あえて柔らかくもできますと麺の固さを聞いてくれる。そのまま普通の茹で加減でお願いしたが、いい感じに口の中で踊る(踊らないよ、いちおう)心地よい麺の固さ。これは柔らかくしてしまうんだったら、家でサッポロ一番でも食べてたほうがいいんじゃないあかなあ、というくらいにスープとよく合う固さ。
by atsushisaito | 2016-05-05 12:01 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< The white horse... まるむら@東陽町 >>