小江戸@秋田県秋田市

c0016177_11244959.jpg

 江戸系と呼ばれる秋田ローカルのラーメン。レンタカーで店の前まで行って気付いたのだが、定休日。しかし奇跡的にも臨時休業のための振替営業ということで、オープンしていた。
 中に入ると、テーブル席のみの店内で適当におじさんが座るテーブルに勝手に相席させてもらった。注文ルールがよくわからないが、見回しているとホールのおばちゃんに自ら申告するみたいだ。幸いおばちゃんの立ち位置にそばのテーブルで、一見ということがわかったのか、おばちゃんからこちらに注文を聞いてくれた。
 メニューはラーメンのみで、食べたい量を選ぶだけ。並をお願いした。500円。麺を半分にすると250円になるという、、、。わりと細麺の醤油ラーメン。見た目ほどにスープは濃くなく、どちらかというとあっさり。これが江戸系か、たいしたことないな、と思いつつ中央にのせられている辛味を溶いてみると味が一変。強い辛さとニラなどの香ばしさで、スープを飲むスピードが俄然速まり、毛穴からはぶわっと汗が。
 これは旨いな、と食べていると、おばちゃんが「お酢をいれるとさっぱりするよ」という助言。試しに少量いれてみると、これは確かにいい味変。まろやかになる。テーブルには割スープのポットがあって、麺を食べ終わってから薄めてみると、辛味がいい具合に伸びて、これもなかなか。
 食べ終えると、容器を戻すというセルフサービスを皆がしているのだが、お店からのルールというより、客が自発的にやってる感じで、おばちゃんは度々、置いといていいよ、というのだが、ちょっと怖かったので、自ら戻した。使ったティッシュも一緒に戻すカウンターに置いたら、ティッシュはゴミ箱、という指示をいただいてしまったが。まあそれはそれで、とにかく地方らしいラーメンを食べることができて、よかった。
 
by atsushisaito | 2016-04-09 12:24 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< カッパ@中野 上海麺館@中野 >>