春駒食堂@佐賀県佐賀市

c0016177_375479.jpg

 佐賀ではけっこう有名な食堂だとか。お店に入って、テーブルに相席。さて、注文はどうしよかということで、少し周囲を見回すと旨そうな麺をみな食べている。それがなにであるか。おそらくちゃんぽんか皿うどんのどちらかと思われる。そして皿で食べてるのだから、皿うどんだろうとは思いつつ、しかしここは佐賀。一般的な皿うどんが、ちゃんぽんと呼ばれていても不思議ではない。考えることは諦めて、店のおばちゃんにあれはなにかと聞いた。それは皿うどんだった。
 皿うどんを注文して、待つ。登場した皿うどんはたくさんのもやしで覆われていた。おお、と思っていると同じ席の兄ちゃんがすっと箸入れを中央に差し出してくれた。さすが、佐賀。気遣いができる。すいません、と箸をとり下の麺を引きずり出し、ずばずばっと啜った。うん。ちゃんぽんって感じの味だ。チャンポンの汁が少ない版。麺に焼きが入っていて、その焦げがなかなかいいアクセントになっている。もやしと麺を一緒にずばずばっと、啜る。旨い。
 皿うどんというと、パリパリの揚げ麺に餡がかかったいるのを想像してしまうが、こういう普通の麺もまたいい感じ。なかなか面白い味でよかった。
 汁ありのちゃんぽんの方が安かったのが不思議だったのだけど、器がけっこう小さくて、あまり食べ応えはなさそうだった。
by atsushisaito | 2016-02-22 12:07 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 家宴@新井薬師 ホテルニューオータニ佐賀 >>