新生軒@兵庫県姫路市

c0016177_18482391.jpg

 姫路駅の近くでラーメン。新しいお店より、昔からやってるお店の方がなんだか安心できるというか、その土地ならではのものを食べた気になるので、老舗のお店を探す。どうやら駅からすぐ近くの新生軒というお店が、50年以上続く老舗だそう。
 店の前まで行ってみると、看板には「らーめん店の元祖」の文字。控えめに書かれていて、あまり違和感はない。餃子の満州の「三割うまい」と同程度にそれほど意味のある言葉ではなさそう。
 カウンターに座りラーメンを注文。すぐに登場した丼には澄んだスープ。見るからにあっさりの塩ベースのラーメン。昨今のラーメンのような素材の旨みが競合したような味わいではなく、見た目をまったく裏切らないシンプルな味わいで、最初からふられている胡椒がピリっと後にくる。
 柔らかく茹でられた、あまり中華麺という感じがしない麺が、このスープに合うといえば合う。これしかないのかと言われれば、そうでもない気がしないでもないが、これもまた姫路という土地に根付いた味なので、美味しく堪能させていただきました。
 
by atsushisaito | 2016-01-04 12:47 | 飯@23区外 | Comments(0)
<< 横川辰之 Papa-chat ... 神戸 >>